リバティ・ロス、夫とクリステン・スチュワートの不倫スキャンダルは「最悪だった」

ハリウッドニュース / 2013年10月31日 13時0分

スキャンダル発覚前のルパート・サンダース監督とリバティ・ロス (c)Imagecollect.

モデルのリバティ・ロスが、夫で映画監督のルパート・サンダースと女優のクリステン・スチュワートの不倫スキャンダルについて語った。

映画『スノーホワイト』(12)を手掛けたサンダース監督と同作に出演していたクリステン・スチュワートの浮気が昨年7月に発覚。ルパート監督は妻子持ちで、クリステンは『トワイライト』シリーズで共演したロバート・パティンソンと交際していたために、大スキャンダルだと話題になった。今年1月にリバティとサンダース監督は離婚を申請。クリステンとロバートも今年5月に破局した。

スキャンダルから1年以上が過ぎ、リバティは芸能情報誌「ヴァニティ・フェア」に、「苦しかったわ。本当に最悪だったの。本当に」「私たちがどんな経験をしたか、説明する言葉も見つからないわ。でも、生まれ変わるには一度完全に死ななくてはいけない。だから、私は生まれ変わる途中なんだって感じているわ」と語っている。

リバティはスキャンダル発覚後すぐに離婚を決意したそうで、「私は本来すぐに諦める人ではないの。私は完ぺきな妻と母になれるようにすべてを尽くしたし、夫をサポートしてきたわ」「でも、もうこれ以上捧げるものが無くなったの。分かるでしょ?」と語っている。また、リバティは浮気発覚前から夫との関係が100パーセント良いとは感じていなかったと明かしているが、共に過ごした16年は素晴らしかったと話している。

リバティはとても辛い経験をしたが、前向きに生きていこうとしているようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング