菜々緒、デビュー10年で確立した“悪女キャラ” 「無駄なことは何一つなかった」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年4月26日 6時0分

菜々緒、『インハンド』インタビューフォト クランクイン!

 女優の菜々緒が、東京大学を首席で卒業した容姿端麗、頭脳明晰なエリート官僚・牧野巴役を務める連続ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)。これまでもドラマや映画で数々のインパクトあるキャラクターを演じてきた菜々緒が、「数少ない“悪女”じゃない役」と笑顔で語った役柄に挑む強い思いを吐露した。 菜々緒演じる牧野は、山下智久演じる人嫌いでドSの天才科学者・紐倉哲と、濱田岳扮する正義感が強く熱血漢の助手・高家春馬に対峙するエリート官僚。「漫画原作なので、読んだときのイメージを大切にしつつも、あまり原作に引っ張られすぎず、現場で山下さんと濱田さんのキャラクター作りにしっかり対応しながらやっていきたい」と抱負を語る。
 
 菜々緒は、山下や濱田と同じ作品やCMに出演した経験はあるが、ガッツリと芝居で対峙するのは初めて。最初、自身がイメージしていた紐倉と、山下が作り上げたキャラクターに違いがあり戸惑ったというが、相手の出方にアジャストし、キャラクターの理解を深めていく現場は「非常に新鮮」だと目を輝かせる。

 近年、精力的に女優活動を行い、役柄の幅も広がっている印象を受ける菜々緒だが「そう言っていただける方もいるのですが、やっぱりまだ悪女というイメージが強いと思います」と冷静に自己分析する。続けて「先日も(ドラマの)中打ち上げがあったのですが、みなさんに『会ったらぶん殴られるんじゃないかと思った』って言われましたから」とおどけながらエピソードを披露する。
 
 「いますぐにそのイメージを変えたいとは思っていないんです。このまま悪女や強い女性のオファーをいただいてもなんの問題もないので」と“悪女キャラ”に焦りはまったくないというが、一方で「でも視聴者は同じようなキャラクターを見ると飽きてしまうと思うんですよね。私自身もすごく飽きっぽい性格なので、刺激や変化があった方が楽しいですからね」と変化への期待もあるという。

 その意味で、本作で演じる牧野は「良い転機になるのかな」という予感があるキャラクターだという。「強い女性ではあるのですが、世のため人のために何ができるかと思っている人。私自身メイクで柔らかい表情を作ったり、しゃべり方にすごくこだわって演じています」。
 今年でデビュー10年を迎える菜々緒。これまでを振り返り「無駄なことは何一つなかった」と胸を張る。“悪役”というキーワードも菜々緒にとっては誇りだ。「悪役って普通は避けて通りたがると思うんです。私も最初は抵抗がありました。でもやっていくうちに、頑張っているところを見てくれる方もいて、次につながりました。失敗もたくさんありましたが、それも全てが糧になっています。果敢に挑戦することの大切さを学んだ10年です」。
 
 プライベートでも、仕事でも「クリアしたとき、そこで満足してしまうから」という理由で明確な目標は立てないという。仕事の大小に関わらず、常に全力で向き合うことで、道は開けることを知った10年。不安だった“悪女キャラ”もいまは個性となり花開いた。そんな菜々緒だが、本作で演じる牧野巴という役は、彼女をまた新たなステージへと誘う重要かつ大切なキャラクターのような気がする。(取材・文:磯部正和 写真:高野広美)
 
 金曜ドラマ『インハンド』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング