『なつぞら』広瀬すずに番長が突然告白!…からの撃沈 視聴者「断るの早っ」の声

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年4月29日 11時40分

広瀬すず クランクイン!

 広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」(第25回)が29日に放送され、なつ(広瀬)に十勝農業高校の番長・門倉(板谷駿谷)が告白するも、即フラれるシーンに視聴者から「意外な展開」「断るの早っ」などのツイートが殺到した。 柴田牧場では、泰樹(草刈正雄)やなつ(広瀬すず)たちが干草作りを行っていた。ある日、泰樹は天陽(吉沢亮)との関係をなつに問いかける。突然のことに驚くなつに、泰樹は、自分の思い描く将来の牧場について語りだす。その後、泰樹と一緒に天陽の家を訪れたなつは、東京から送られてきたというあるものを、天陽から手渡される。

 芝居の本番を終えたものの演劇大会には敗退してしまった十勝農業高校演劇部。芝居の書き割りなどを焼却処分しながら部員たちが顔をそろえる中、芝居で村長を演じた門倉は唐突に「お、奥原!」となつの名前を叫ぶ。そして彼は「俺はこの舞台が成功したら言うべと思ってたんだ!」と部員全員の前で声を上げる。戸惑いながら「何さ…?」とつぶやくなつに、門倉は「卒業したら俺の…嫁になってくれ!!」と公開プロポーズ。この突然の告白にSNSには「意外な展開」「彼女をスルーして嫁」「なにこれ?」などの声が上がった。

 目を丸くして驚くなつと、目を見合わせる良子(富田望生)と雪次郎(山田裕貴)たち。門倉が「答えはもちろん、今すぐじゃなくてもいい。いつか、そのうち…気が向いたら…」と話すと、なつはその場に立ち上がり「ごめんなさい!! それはできない…」と即答する。このシーンにネット上には「断るの早っ」「なつもタイプではなかったんやな…」「門倉撃沈…笑」「なつに即答でフラれた番長不憫」などの投稿が寄せられた。

 フラれた門倉がその場から足早に立ち去ると、なつは「ビックリした~」と一言。これに内村光良によるナレーションが「私もです」と同調。この演出に視聴者から「内村ナレも驚いた」「私もびっくりしましたよ笑」「ナレがお父さんじゃなくてただのウッチャンになりつつあるのにジワる」などのツイートも寄せられていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング