今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝らと浅野和之が治療方針で対立

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年5月13日 10時0分

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話場面写真(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が今夜放送される。第6話では、最新の医療技術の駆使をめぐって唯織(窪田)たち放射線技師らと一部の医師が対立。患者の人生を背負う医療者の苦悩が描かれる。 「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画を原作とする本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。

 唯織は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

 同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

 そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ…。

 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話は、フジテレビ系にて今夜5月13日21時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング