今夜『ストロベリーナイト・サーガ』、二階堂ふみは救えなかった命に責任を感じ…

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年6月6日 10時0分

『ストロベリーナイト・サーガ』第9話場面写真(C)フジテレビ

 女優の二階堂ふみとKAT‐TUNの亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第9話が今夜放送される。第9話では、姫川(二階堂)は救えなかった重要参考人や自分をかばって亡くなった牧田(山本耕史)の命に責任を感じてしまい…。 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子が、直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。亀梨は寡黙で謹厳実直、思いを内に秘めながらも献身的に姫川を支える年上の部下・菊田和男を演じる。

 暴力団員・小林充(古野陽大)、暴力団組長・藤元英也(鈴木隆仁)が連続して殺害された事件を追う姫川玲子は、重要参考人・柳井健斗の居場所を突き止めるも、柳井はすでに息を引き取っていた。自殺と見られ、遺書には「自分が小林と藤元を殺害した」という趣旨の内容が書かれていたが、「柳井が藤元を殺すなんてあり得ない」と、姫川は真犯人の存在を確信する。

 柳井の恋人、内田貴代(永瀬莉子)と接触した姫川は柳井が残した音声ファイルを受け取る。そこには小林充が殺害されたときの現場音源が収録されていた。その声の主は牧田勲に違いないと、当人を問い詰める姫川に対し、牧田は断じて自分は殺害していないと否定する。そこに、突然刃物を持って突進してくる牧田の舎弟・川上義則(田邊和也)。姫川を刺すはずが、誤って牧田を殺害してしまう。

 その後、川上の供述により事件の全貌が明らかになる。4人の死をもって一応の解決をみたこの事件。自分の身代わりになった牧田、救えなかった柳井に対し、姫川は責任を感じていた。数日後、警察は事件についての記者会見を開く。長岡刑事部長(小市慢太郎)は過去の不祥事が露呈しないよう、柳井については言及しないよう和田徹捜査一課長(羽場裕一)に命令していたが…。

 『ストロベリーナイト・サーガ』第9話は、フジテレビ系にて今夜6月6日22時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング