渡辺大知&鈴木愛理、『Iターン』でムロツヨシを困らせる若手社員に

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年6月6日 6時0分

ドラマ24『Iターン』に出演する渡辺大知(C)「Iターン」製作委員会

 俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に俳優の渡辺大知と元℃‐uteの鈴木愛理が出演することが発表された。2人は、ムロ演じる狛江を困らせる、単身赴任先の若手社員役を務める。 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。

 中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の阿修羅支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが見つかり、怒り心頭の依頼主は「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる。
 
 阿修羅支店の若手社員・柳直樹を演じる渡辺は「ぼくは無気力に仕事をこなしていながらも、胸に熱いものを持った柳という男をやらせて頂きました。ムロツヨシさん演じる狛江支店長との出会いを経て、少しずつ変化していくところが見せられたらなぁと思ってやりました」と語る。

 鈴木は、もう1人の阿修羅支店の若手社員・吉村美月役。「昨年ソロデビューしたばかりで、いろんなことにチャレンジしたいなという時に、すごく嬉しいお話をいただけたので、みっちり勉強できたらいいなと思って臨みました」とコメント。「新しく狛江支店長が来ることによって感化され、恋をすることによって感化され、少しずつ変わっていきます。その変化を演技やセリフだけじゃなく、メイクでも工夫しているので、そういうところもみてもらえたらいいなと思います」と見どころをアピールした。

 ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング