豪華俳優陣が声で共演『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』最新予告公開

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年6月19日 16時30分

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』本ポスタービジュアル(C)2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会 (C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 俳優の佐藤健が主人公を、女優の有村架純がヒロインの声を演じるフル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』より、最新予告編と本ポスタービジュアルが解禁された。 本作は、日本を代表するロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのうち『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(1992年発売)のストーリーを原案に、VFXの第一人者である山崎貴の総監督・脚本により初映画化したもの。『ドラクエ』生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二が原作・監修を手掛ける。

 ゲマ(吉田鋼太郎)率いる魔物たちに連れ去られた母・マーサ(賀来千賀子)を取り戻すため、父パパス(山田孝之)と旅を続けていた少年リュカ(佐藤)は、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げる。しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる。

 それから10年、故郷に戻り「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見したリュカは、父の遺志を受け継ぎ、再び冒険の旅にでることに。立ちはだかるいくつもの試練や、ビアンカ(有村)とフローラ(波瑠)という2人の女性をめぐる究極の選択など、果たして、冒険の先に待ち受けるものとは…。

 予告編は、「全てはここから始まった」というナレーションのあとに、リュカの目の前で、パパスがゲマに命を奪われるシーンからスタート。そして青年になったリュカが旅に出て、2人のヒロインや仲間たちとの出会いや試練が描かれる。後半は、ゲマやブオーン(古田新太)とのバトルシーンやリュカが石化されるシーンなど、ストーリーの片鱗が次々と明かされ、劇場公開が楽しみな映像となっている。

 ポスタービジュアルは、険しい表情で敵に立ち向かうリュカの姿が大きく描かれ、その周りにビアンカやフローラ、パパスなど主要キャラクターが配置されたもの。その背景には敵となるゲマなどが垣間見れる。脇には「君を、生きろ。」という力強いコピーが添えられた。

 フル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング