今田美桜、山田涼介主演『セミオトコ』でテレビ朝日ドラマ初出演

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年6月20日 5時0分

『セミオトコ』に出演する今田美桜(C)テレビ朝日

 Hey!Say!JUMPの山田涼介主演で7月にスタートする連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に、女優の今田美桜がレギュラー出演することが発表された。デザイナーを夢見て福岡から上京してきた専門学校生の役で、テレビ朝日のドラマは初出演となる。 本作は、『南くんの恋人』(テレビ朝日)、『ちゅらさん』(NHK)など数々のヒットドラマを生み出し、近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で橋田賞を受賞した脚本家・岡田惠和による完全オリジナルストーリー。東京郊外のアパート「うつせみ荘」を舞台に、人間の姿になったセミ(山田)と、食品工場に勤めるアラサー女性・大川由香(木南晴夏)との、セミの命が尽きるまで7日間限定の共同生活を描く。主演の山田、ヒロイン役の木南のほか、アパートの大家の通称「国分寺姉妹」役で阿川佐和子と檀ふみ、他の住人役で山崎静代、やついいちろう、北村有起哉が共演する。

 今田が演じるのは、うつせみ荘の住人で、服飾系の専門学校に通う熊田美奈子。かわいらしい見た目とは裏腹に、言いたいことをズバズバ言う今どきの女の子だが、アパートの住人たちには服を作ってあげており、とても愛されているキャラクターだ。

 「台本をいただいたらすごくファンタジックで素敵なお話でした。山田涼介さん演じるセミと木南晴夏さん演じる由香のラブストーリーはもちろん、『うつせみ荘』の住人のみなさんも個性溢れる方々ばかりなので、これから撮影が楽しみです」という今田。「私が演じる熊田美奈子は、デザイナーを夢見て博多から出てきた女の子。劇中で博多弁がポロポロ出ちゃうシーンがあるのですが、私も福岡出身なので、ちょっと楽しみにしているんです(笑)」と話した上、他の共演者について「阿川佐和子さん、檀ふみさんはじめ、大先輩ばかりですが、みなさんの中で吸い込まれながら頑張りたいと思います!」と意気込んでいる。

 金曜ナイトドラマ『セミオトコ』は、テレビ朝日系にて7月26日より毎週金曜23時15分放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング