横山だいすけ、“よし兄”小林よしひさを前に涙…ネット感動

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年8月4日 18時0分

(左から)小林よしひさ、横山だいすけ ※「横山だいすけ」ブログより

 2017年3月に『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ/毎週月曜から土曜8時)を卒業した“うたのおにいさん”こと歌手で俳優の横山だいすけが7月31日、『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系/毎週水曜22時)に出演。歴代最長の14年間“たいそうのおにいさん”を務め、今年3月に卒業した小林よしひさとの思い出や、これまで話せなかった恋愛話について語った。 この日は、民放では『おかあさんといっしょ』卒業後初のツーショットとなった横山と小林が、シンガポール旅へ出かけたVTRを放送。水着姿や、カメラ前でお酒をたしなむなど、『おかあさんと―』時代に“自粛”していたことを解禁した。

 恋愛トークでは、小林から「キレイ系?わいい系?」と女性のタイプを聞かれると横山が「かわいい系がいいです」と即答。芸能人では「加藤ローサさんが好きでした」と告白した。VTRを振り返った横山は「あんな話してたんですね」としみじみ。お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が「ハーフ系みたいな方が好きなんですか?」と切り込むと横山は「そういう…系が好きですね」とぶっちゃけ、スタジオを沸かせた。

 また、横山が小林とのエピソードについて「(うたの)おにいさんの研修の時に何も分からない中で、『お疲れ様』って手紙を置いてくれてるのがうれしかった」と当時の気遣いに感謝。

 一方で「誰にも言わずに決断した」という卒業時については、「(小林に)もっとちゃんと言うべきだった」と悔やむ場面も。だが、小林は「決めるのは絶対自分だから、尊重すべきことだと思ったし、卒業って番組から離れるだけであって、だいちゃんが何か変わるわけでもない」とおもんぱかった。

 この言葉に横山は思わず目に涙を浮かべ「よし兄は僕にとって大切な存在なんだと再認識できました」とあらためて感謝の言葉を贈った。

 この放送を受け、ネット上では「だいすけお兄さんの思い。感動。。」「だいすけお兄さんタイプすこ めちゃんこ性格いいやん」「涙と笑いの二人旅。素敵」「だい兄を見つめるよし兄の温かい目線がたまらん!!!」と反響の声が挙がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング