今夜の『警視庁ゼロ係』女子高生殺害で警察内に協力者? 松下由樹が疑ったのは…

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年8月30日 10時30分

『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』第7話場面写真(C)テレビ東京

 俳優の小泉孝太郎が主演するドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(テレビ東京系/毎週金曜20時)第7話が今夜放送される。第7話では女子高生殺人事件が発生。寅三(松下由樹)は、警察内部に協力者がいると考え、とある人物に疑いの目を向ける。 本作は、作家・富樫倫太郎の『生活安全課0係』シリーズ(祥伝社刊)をドラマ化。厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の「なんでも相談室」、通称ゼロ係を舞台に、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”による奮闘を描く。第7話では、管理官役で山田純大が、警視総監役で篠井英介がゲスト出演する。

 「なんでも相談室」に、捨てられた子犬を連れた女子高生・向井葵(糸瀬七葉)が訪れる。犬と話せる桜庭(木下隆行)をはじめ、冬彦(小泉)らは子犬を歓迎。ゼロ係の対応を喜んだ葵は「また来る」と言っていたが、その後、神沼(中野裕太)によって殺害されたとみられる遺体となって発見される。

 寅三(松下)は、神沼の言動から警察内部に協力者がいると考え、管理官の小田島(斉藤由貴)へ疑いの目を向ける。さらに冬彦は、神沼が起こす連続殺人の理由に気付き、前川(吉田栄作)に、今までの事件の共通点を伝えるが…。

 そんな中、神沼の犯行と思われる新たな事件が発生する。

 ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』第7話は、テレビ東京系にて本日8月30日20時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング