『相棒』誕生20年目の新シリーズ、10月開始 初回SPでは杉下右京が失踪!?

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年9月3日 5時0分

『相棒season18』メインカット(左から)水谷豊、反町隆史(C)テレビ朝日

 水谷豊主演の人気ドラマ『相棒』の最新シリーズ『相棒season18』が、テレビ朝日系にて10月より毎週水曜21時に放送されることが決まった。2000年の誕生から20年目の節目を迎える本作。初回スペシャルでは最果ての島を舞台に、特命係の2人が国家を揺るがす巨大陰謀に挑む。 初回スペシャルの舞台は、日本最北端に位置する架空の島“天礼島”。恒例のロンドン旅行からとっくに帰国したはずの杉下右京(水谷)が消息不明に。そんな中、右京のスマートフォンが秋田の海岸に流れ着く。潮流を計算したところ、出発点は北海道の北に位置する日本最果ての離島“天礼島”と推測され、島に渡る飛行機の搭乗者名簿に右京の名が見つかった。相棒の冠城亘(反町隆史)は右京を探すため、その最果ての島へ。しかし、天礼島では不気味な連続殺人が発生。さらに、島ではひそかに国家を揺るがす陰謀が…!?

 初回スペシャルには、比丘尼“妙春”こと、元代議士・片山雛子(木村佳乃)も登場。北海道での大規模ロケによるダイナミックな景観も見どころとなっている。

 右京役の水谷は「『相棒』は我々自身も次にどんなことが起きるのか毎回、楽しみにしている作品なのですが、まさか『season18』が右京の行方不明からはじまるとは…! 初回スペシャルはとにかくとんでもないストーリーで、みなさんをものすごい世界に連れて行ってくれることと思います」とコメント。

 『相棒』が20年目を迎えることには「本当に驚きますね…! 最初は、こんなに続くとは誰も想像していなかったのですから…。『相棒』は毎年、『どこまで行くんだろう』と想像もしないことが更新されていくドラマですが、20年と聞くとやはり区切りを感じます」と話す。

 水谷と反町のコンビは今シリーズで5シーズン目。初代・亀山薫(寺脇康文)を除く歴代の相棒は3シーズンで卒業を迎えてきており、ここまで続くのは異例となる。

 反町は、水谷とのコンビについて「右京と亘もそうですが、水谷さんと僕も一緒に撮影を積み重ねてきたからこそ少しずつ関係を築くことができたのではないかと思っています。『相棒』の撮影は長期でハードなので、2人の関係はもちろん、スタッフ、キャストとともに一生懸命ひとつひとつ解決していき、最後まで向かっていきたいと思っています」と語っている。

 ドラマ『相棒season18』は、テレビ朝日系にて10月より毎週水曜21時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング