夏帆、12年ぶり日テレGP帯連ドラ出演 『ニッポンノワール』でフリーライター役

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年9月10日 6時0分

日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』に出演する夏帆

 俳優の賀来賢人が主演を務める10月13日スタートのドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、女優の夏帆が週刊誌のフリーライター役で出演することが発表された。夏帆が日本テレビのゴールデン・プライム帯(19~23時)の連続ドラマに出演するのは12年ぶり。 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。

 遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ました時、直前数ヵ月の記憶を失っていた。横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の亡きがらが。彼女を殺したのは自分か、それともわななのか。かつての仲間だった同僚刑事たちは一夜にして敵に。やがて事件は未解決の「10億円強奪事件」の真相へとつながっていく…。

 夏帆が演じるのは、常に事件の香りを追い求めるフリーライターの深水咲良。誰も寄せ付けぬエキセントリックな主人公・清春とも丁々発止のやりとりを繰り広げる心の強い女性で、週刊誌の記者としてクールでドライな雰囲気を出しながらゴシップを世に届ける。清春が根城にしている喫茶店のマスター・深水の娘であり、3年前にある事件で姉を亡くしている。

 咲良は、清春が連れてきた薫の一人息子・克喜を心配する気持ちから、この事件に絡んでいくこととなるが、そんな咲良にも物語の中でさまざまな謎が明かされていくことに!?

 夏帆は役どころについて「曲者揃いのキャラクターのなかで、わたしが演じる深水咲良という役は、作品の中でも主人公にとっても、ホッと一息つけるような、そんな役になっていけたらと思っています」と話す。2度目の共演となる賀来については「同世代の中でも、とても力のある役者さんだという印象があります」としている。

 ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』は、日本テレビ系にて10月13日より毎週日曜22時30分放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング