『ちびまる子ちゃん』30周年記念 B.B.クィーンズ、ももクロなど10週連続ゲストまつり

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年9月29日 8時0分

アニメ『ちびまる子ちゃん』10月6日放送回 場面写真(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

 国民的人気アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系/毎週日曜18時)が来年1月にアニメ化30周年を迎えることを記念し、新企画「10週連続ゲスト声優まつり」の開催が発表された。10月より10週にわたり、豪華メンバーがゲスト声優として番組に登場する。 1990年1月7日に放送をスタートした本作。来年1月にアニメ化30周年を迎えることを記念し、今年4月から1年間を「ありがとう!アニメ化30周年 みんなとちびまる子ちゃんイヤー」と題して、さまざまな企画を実施している。4月7日の放送からは、さくらももこ漫画原作の中から人気の高い選りすぐりの10作品を、新規作画・演出で贈る「10週連続さくらももこ原作まつり」が放送された。

 今回発表された新企画「10週連続ゲスト声優まつり」は、その名の通り10話連続で豪華ゲスト声優が番組に登場するというもの。その第1弾として、大ブームを巻き起こしたエンディング主題歌『おどるポンポコリン』初代担当・B.B.クィーンズの近藤房之助と坪倉唯子が出演、あらゆるお客さんをたちまち笑顔にしてしまう曲芸師を演じる。さらに第2弾では永島優美(フジテレビアナウンサー)、久慈暁子(フジテレビアナウンサー)がまる子の小学校の先輩で運動会の放送係を、第3弾ではももいろクローバーZの4人がお茶屋さんのかわいいお茶娘を務めることも決まった。

 B.B.クィーンズの坪倉は「緊張していたのか周りをちゃんと見られず、指示の意味がよくわからなかったりしましたが、少しずつ慣れました。また機会があれば是非挑戦したいです」、近藤は「声優さんの仕事は難しいのではと思いましたが、孫が喜んでくれそうなのでやってみてよかったです」とコメントした。

 フジテレビアナウンサーの永島は「まさか自分がちびまる子ちゃんの世界に入れるとは…!と、うれしい気持ちを噛みしめながら収録に臨みました」、久慈は「声優初挑戦ですが、ぜひ(久慈が演じる)“あきこちゃん”を見つけて見てください」と語り、ももいろクローバーZの百田夏菜子は「自分も静岡県出身で、毎日急須でお茶を飲んでいたので静岡のお茶の良さを伝えられてうれしかったです」と喜びを語った。

 12月まで10週間続く本企画では、毎週豪華なゲスト声優の登場が予定されている。

 アニメ『ちびまる子ちゃん』は、フジテレビ系にて毎週日曜18時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング