科捜研の女&クレヨンしんちゃんがコラボ! 沢口靖子がおちゃめに声優挑戦

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年10月2日 5時30分

アニメ『クレヨンしんちゃん』(左から)しんちゃんと、ゲスト出演する沢口靖子(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

 アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系/10月5日より毎週土曜16時30分)の10月12日放送回で、女優の沢口靖子がドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の主人公・榊マリコ役で声優に挑戦。両番組の異色コラボが実現する。 今回放送するショートアニメ『科捜研の女だゾ』は、沢口演じるマリコが、野原しんのすけにかけられた“ある疑い”について“科学的に検証する”という内容。しかも事件を解決するカギとなるのは、榊マリコ史上初めてとなる証拠だという。

 収録当日、沢口は録音ブースに登場するや、さっそく発声練習を始め、すぐに完全な榊マリコが出現。本番がスタートすると、監督との真剣なやりとりで細やかな調整を繰り返しながら、マリコが『クレヨンしんちゃん』の世界へ。沢口の巧みな声の演技により、録音は予定していた時間よりずっと早く終了した。

 この日、沢口が身に着けていたのは黄色いシャツ。しんのすけがいつも履いている半ズボンを意識してカラーコーディネートをしてきたという。そんな沢口の元へしんのすけが「イエーイ、靖子おねえさん、はじめまして~」と、パワー全開で登場。『科捜研の女』をイメージした白衣姿で登場したしんのすけ。その下からのぞくいつもの赤いTシャツも、黄色の縞模様に「KEEPOUT」の文字と、ドラマにちなんで規制線をかたどったもの。

 互いのトレードマークを服装に取り入れた2人は笑顔で対面。その後、沢口に「オラを科学鑑定してして~」とリクエストするなど、終始デレデレした様子のしんのすけ。すると沢口が、そんなしんのすけから突然ぱっと逃げ出して追いかけっこに発展するなど、普段なかなか見られない茶目っ気たっぷりな姿を披露した。しんのすけも「靖子おねえさんに会えてとってもとっても嬉しかったゾ。ドキがむねむねしっ放しだったぞ~」と喜びをはじけさせていたという。

 沢口はアニメになった自分を見て「すごくかわいく描いていただいて、ありがとうございます!」と感謝。アフレコ体験については「できあがっている映像の口元にセリフを合わせていくのが、普段のお芝居とは違い難しいですね。なるべく体を楽にして、会話をするように心がけて臨みました」と振り返る。

 さらに「『クレヨンしんちゃん』の世界にマリコが溶け込んでいるのが嬉しかったです。まるで最初から参加しているような気分でした。自分でやっていて面白くて、録音が終わってから笑ってしまいました。事件が起きたら、またいつでも呼んでください!(笑)」といたずらっぽいほほ笑みで顔をほころばせた。

 沢口靖子が登場するアニメ『クレヨンしんちゃん』は、テレビ朝日系にて10月12日16時30分放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング