『ちびまる子ちゃん』に“レジェンド”田中真弓&山寺宏一が初参戦!

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年10月20日 8時0分

アニメ『ちびまる子ちゃん』10月27日放送回にゲスト出演する田中真弓と演じるキャラクタービジュアル(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

 アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系/毎週日曜18時)の10月27日の放送回に田中真弓、11月10日の放送回に山寺宏一と、2人の声優界のレジェンドが共に初出演することが発表された。番組が2020年1月で30周年を迎えるのを記念した<10週連続ゲスト声優まつり>の一環。 田中は、10月27日の「約束の紙ひこうき」の巻に、東京から清水の町に遊びに来た小学校3年生の透くんとして登場する。幼い頃、おばあちゃんの家に遊びに来ていた透くんは、空き地で遊んでいて、とある男の子と仲良くなった。一緒に紙ひこうきを飛ばす約束をしていたが、急に東京に帰ることになり、約束を果たせないままその男の子とも5年もの間、会えずにいた。久しぶりにおばあちゃんの家に遊びに来ていた透くんは、思い出の空き地を探している時にまる子たちに出会い、一緒に空き地を探すことになる。

 山寺は、11月10日の「ものまねおじさんがやって来た!」の巻で、物まねが上手な露天商の男を演じる。まる子は町で動物のものまねがうまい露天商のおじさんと出会う。あまりにものまねが上手で、おじさんの周りにはたちまち人だかりができてしまい、商品は次々と売れていく。すっかりおじさんのとりこになったまる子も、おじさんが売っている商品を買ってほしくてお母さんにねだっていると、おじいちゃんが買ってくれることに。でもおじさんが売っているのはゴム手袋や風呂おけ。果たしてまる子は何を買ってもらうのか?

 田中は今回の出演に「まずは、嬉しい!と小躍りしました。が、いざ収録が近くなってくると、色んなことを考え緊張してきました。少年役ということで、●フィに聴こえてしまわないか、、、とか。当日、緊張のあまり、1時間早くスタジオに着いてしまい、皆さんに驚かれてしまいました。始まったら、楽しくて、あっという間に録り終えて寂しいくらいでした。小杉くんの、あるセリフに大爆笑。今も、思い出し笑いしています(笑)」と収録を振り返る。

 山寺は「“やっと出る事が出来た!”というのが率直な思いです。レギュラーの方々は付き合いの長い大好きな先輩や友人だらけ! 長年テレビを通して親しんだキャラクターの掛け合いを、生で聞く事が出来て嬉しかったです。僕は子供の頃から動物のものまねが好きで、その点においては声優界で誰にも負けない自信があります」としている。

 アニメ『ちびまる子ちゃん』はフジテレビ系にて毎週日曜18時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング