横浜流星、田中圭、武田真治、木村拓哉も! 輝き続ける2020年の年男たち

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2020年1月1日 12時0分

(左から)武田真治、横浜流星、田中圭 クランクイン!

 その年の干支に生まれた男の人のことを“年男”と呼び、干支の守護本尊に守られ、御加護が受けられるとのことから、物事が成功しやすく、縁起や運勢の良い年だと言われている。そこで、“子(ねずみ)”を干支に持つ年男の俳優の中から、昨年以上の活躍が期待できる5人をピックアップ! 若手からベテランまでさまざまな顔ぶれがそろった。■勢いが止まらない 横浜流星

 ブレイク俳優として「GQ MEN OF THE YEAR 2019」ニュー・ジェネレーション・アクター・オブ・ザ・イヤー賞、「Yahoo!検索大賞2019」大賞&俳優部門賞を受賞した2019年の顔ともいえるのが横浜流星だ。

 今年24歳を迎える横浜は、2019年度1月クールのドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で髪をピンクに染めた“ゆりゆり”役で注目を浴び「東京ドラマアウォード2019」助演男優賞を受賞。以降、ドラマ『あなたの番です -反撃編-』(日本テレビ系)にはキーマンとなる大学生役で登場。『4分間のマリーゴールド』(TBS系)ではクールで料理上手な高校生と、さまざまな顔をのぞかせ、女性ファンの心を鷲掴みにした。

 2020年は1月12日スタートの主演ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)でメンタリスト役を演じるのを筆頭に、7月には宮本武蔵役を演じる舞台『巌流島』、秋には主演映画『きみの瞳(め)が問いかけている』が公開予定と、横浜の勢いは止まらない。
 
■役者として一歩も二歩も成長 新田真剣佑

 同じく、24歳を迎える新田真剣佑は、2017年に『ちはやふる -上の句/下の句‐』で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、その後は、ハリウッド映画『パシフィック・リム:アップライジング』にも出演。2019年は映画『十二人の死にたい子どもたち』からスタートし、公開初日まで出演が秘密にされていた『東京喰種 トーキョーグールー【S】』に出演。ドラマでは10月クールの『同期のサクラ』(日本テレビ系)で常に優秀な兄と比べられ、父親と兄に認められるために奮闘してきた木島葵を熱演し、視聴者から感動したという声が多数。役者として一歩も二歩も成長した作品となった。

 2020年は「カイジ」シリーズ9年ぶりの新作となる映画『カイジ ファイナルゲーム』でスタートし、主演映画『サヨナラまでの30分』の公開も控える。さらに、2021年公開予定の主演映画『ブレイブ ‐群青戦記‐』も決定しており、人気の高さがうかがえる。■さまざまなキャラクターを演じる 田中圭

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング