こぶしファクトリー、3・30に解散ライブ 井上玲音はハロプロに残留

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2020年1月9日 4時0分

解散を発表したハロー!プロジェクトの5人組・こぶしファクトリー(左から)広瀬彩海、野村みな美、浜浦彩乃、井上玲音、和田桜子

 ハロー!プロジェクトの5人組グループ・こぶしファクトリーが、3月30日に東京ドームシティーホールで行われるコンサートで、グループ活動を終了し、解散することを発表した。 8日にオフィシャルサイトで発表された内容によると、昨年初めにメンバーの広瀬彩海から、ハロー!プロジェクトを卒業し、新しい道を進みたいと申し出があり、広瀬と何度か話し合いを経て、同年夏、グループの今後の活動について、他のメンバーと話す機会を設けられた。その際に、野村みな美、浜浦彩乃、和田桜子からも、グループを卒業して次の目標や夢のために、自身で新たな道を選びたいという話があり、グループの解散という結論に至ったという。

 現在、グループはハロー!プロジェクト冬ツアーで全国にて公演中だが、3月4日にラストシングルをリリース。3月30日のコンサートでグループとしての活動を終了した後、広瀬、野村、浜浦は個人で芸能活動を続けていく予定だが、和田は芸能活動を終了。井上玲音は、ハロー!プロジェクトのメンバーとして、引き続き活動を続けていくという。

 メンバーからも解散についてコメントが掲載されている。<広瀬彩海コメント>

いつも応援してくださる皆さんへ
まずは急な発表となってしまい驚かせてしまったことと思います。
本当に申し訳ありません。
こぶしファクトリーはグループを解散し、それぞれの道へと進む決意をしました。
私のアイドルとしての夢は、ハロー!プロジェクトに入ることでした。
そんな私の夢であり、人生の全てだったハロー!プロジェクトを卒業した後はきっぱり芸能界から離れようと、デビューした頃から決心していました。
ですがこぶしファクトリーが5人体制になってから、コーラスやハモリ、アカペラなど表現の幅が広がり、自分の歌に対しての意識も一段と強くなりました。
いつからか、自分の歌で観ている人を勇気づけられるようになりたいという夢が心のどこかで芽生えていました。
そしてメンバーが未来について考えている中、私はハロー!プロジェクトという恵まれた環境を離れて力をつけ、1人で活躍できるアーティストになりたいと決意が固まりました。
コーラス業や作詞作曲などについても本格的に学んでいこうと思っており、既に4月から音楽大学への進学が決まっています。
そこで音楽に対しての学びを深め、更に成長したいと思います。
今までハロー!プロジェクトという大きな土台ありきでステージに立たせて頂いていた自分が、個人として活躍できるようになるまでの道のりは険しいと理解しています。
今までの自分に対しての甘えを断ち切って、また1から歌手としての道を歩んでいこうと思います。
そして、こぶしファクトリー、ハロー!プロジェクトで皆さんに見せて頂いた素敵な景色を超えて行けるように精一杯努力します。
どうか私の、私たちの決心を、受け止めてくださると嬉しいです。
メンバーは前向きに自分たちの未来へ向かって走っていきます。
あと約3ヶ月という短い期間ですが、私自身もこぶしファクトリーのメンバーとして、リーダーとして、精一杯活動を全うしていきます。
これからも5人の応援をよろしくお願い致します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング