『名探偵コナン 緋色の弾丸』赤井一家総集結のメインビジュアル解禁

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2020年1月15日 17時45分

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』メインカット(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 アニメ『名探偵コナン』の劇場版24作目となる『名探偵コナン 緋色の弾丸』より、メインビジュアルが解禁。原作でも重要人物として描かれている、狙撃のスペシャリスト・赤井秀一とその家族“赤井一家”が総集結した緊迫感漂うビジュアルとなっている。 劇場版24作目となる今作では、4年に1度開催される世界最大のスポーツの祭典「WSG‐ワールド・スポーツ・ゲームス‐」の開催を控えている東京で、大会スポンサーが誘拐される事件が発生。WSG開会式に併せて開発された最高時速1000kmを誇る世界初の「真空超電導リニア」をも巻き込み、24作目にして過去最大クラスの規模の事件が描かれる。

 事件のカギを握るメインキャラクターとして、現FBI捜査官かつ狙撃のスペシャリスト・赤井秀一が、劇場版20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き登場。赤井の弟で“7冠を達成したプロ棋士”の羽田秀吉(吉は上が土)や、“女子高生探偵”の妹・世良真純、母のメアリーという、原作者・青山剛昌が描く原作本筋ストーリーの超重要人物たち「赤井一家」も登場することが発表され、既に大きな話題を呼んでいる。

 今回解禁されたメインビジュアルには、原作でも未だ全員がそろって顔を合わせたことがない赤井一家が総集結。さらに、コナン、蘭、灰原、少年探偵団に加え、FBIの面々や秀吉の彼女である宮本由美の姿も。背景には、真空超電導リニアの走行姿やWSGのメイン会場となるスタジアムも配置され、本ポスタービジュアルには「引き裂かれた運命― いま<世界>が動き出す」というコピーが添えられている。

 果たして劇中では、バラバラとなってしまっている赤井一家の共闘は見られるのか。世界を巻き込んだ壮大な事件にコナンと赤井はどう立ち向かうのか? 劇場版史上最大スケールとなる物語への期待が高まる、緊迫感漂うビジュアルとなっている。

 また映画の公式サイトでは、新プロジェクト「CONAN TABOO‐TAG PROJECT」が始動することが発表された。4年に1度のうるう年、劇場版最新作にあわせてさまざまな“禁断のタッグ”を展開していく。

 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』は4月17日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング