有村架純、女優デビュー10周年 順調なキャリアの裏に苦悩「すごくしんどかった」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2020年3月8日 7時30分

有村架純 クランクイン!

 幅広い作品で実力派女優としての存在感を発揮し、着実にキャリアを積み重ねてきた有村架純。女優デビュー10周年、27歳を迎えた今年、WOWOWオリジナルドラマ『有村架純の撮休』では、“有村架純の架空の休日”を自身で演じるという、不思議な初体験を果たした。ドラマ、映画に出演作が途切れない彼女だが、「自分の幅が狭まってきているのではないか」と不安になったこともあると告白する。真面目で誠実であるがゆえ、ぶつかった壁――10年目の覚悟を聞いた。■有村架純“本人”を演じる経験「こういう私を見たいと思ってくれているんだ」

 女優・有村架純は、ドラマや映画の撮影期間に突然訪れた休日=“撮休”をどう過ごすのか? 本作は、そんな有村の知られざる姿を映画・テレビ・CMなど各界のクリエーターたちが妄想を膨らませて描き、有村本人が演じるという1話完結のオムニバスドラマ。

 監督には是枝裕和や今泉力哉、脚本には「WOWOWに入りましょう」CMを手がける篠原誠など豪華な面々が顔をそろえており、有村は「全8話、どのお話もすごく面白くて。“監督や脚本家の皆さんが妄想する私ってこんなふうなんだ”“こういう私を見たいと思ってくれているんだ”と感じて、とても楽しかったです」と感激しきり。

 ガサツで男っ気なしの有村(第2話「女ともだち」)、彼氏の元カノに会いたいとわがままを言う有村(第6話「好きだから不安」)など、自分の気持ちを相手にストレートにぶつける有村架純も登場する。

 「普段の私はひとつひとつ、ゆっくり話す方で。まくしたてるように話したり、大きな声を出すこともあまりないので、体が慣れてなくて(笑)」とあらゆる喜怒哀楽を表現できる作品になったというが、本作のオファーが舞い込んだ2019年の春先は、「自分のお芝居について、迷いや不安を感じていたときだった」と胸の内を吐露。その迷いについて、「私は自分の思いを胸の内に秘めている役など、等身大の役を演じることが多くて。自分の幅が狭まってきているんじゃないかという不安があったんです。また新しいものに出会うためには、どうしたらいいんだろうと感じていました」と明かす。

■女優デビュー10周年 順調なキャリアの裏に苦悩「すごくしんどかった」

 2010年、17歳でドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日系)で女優デビュー。NHK連続テレビ小説 『あまちゃん』(2013年)でブレイク後、『映画 ビリギャル』(2015)の金髪姿も話題に。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017)でヒロインを務め上げ、生徒との禁断愛に身を投じる『中学聖日記』(2018)も注目を集めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング