志田未来×花江夏樹『泣きたい私は猫をかぶる』主題歌入り本予告&ビジュアル公開

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2020年3月10日 8時0分

アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』本ビジュアル(C) 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

 長編アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』に、声優の山寺宏一とお笑い芸人の小木博明(おぎやはぎ)が出演することが決定。併せて、主題歌、本ビジュアル、本予告映像も公開された。 映画『ペンギン・ハイウェイ』を手掛けた「スタジオコロリド」の長編アニメ映画第2弾となる本作は、焼き物で栄えた街並みが印象的な愛知県常滑市を舞台に繰り広げられる、ちょっと不思議な物語。クラスで「ムゲ(無限大謎人間)」とあだ名されるちょっと変わった中学2年生・笹木美代(志田未来)は、熱烈に思いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(花江夏樹)に毎日アタックするが全く相手にされない。それでもめげずにアタックを続ける彼女には、誰にも言えないとっておきの秘密があった…。

 女優の志田未来と声優の花江夏樹がダブル主演を務め、日本アニメ界の重鎮・佐藤順一と、スタジオジブリで『千と千尋の神隠し』に携わった新進気鋭のクリエイター・柴山智隆がダブルで監督を担当する。

 ムゲを「猫」世界へと導く猫店主という重要な役どころを担当する山寺は「悩み多き多感な10代はもちろん、いろんな世代の方々に観て頂きたいと思います!」とコメント。一方、小木が演じる担任・楠木先生は、本作の演出家が大ファンという理由であらかじめ本人そっくりのビジュアルを用意されていたという。小木は、「僕をキャスティングしてくれるスタッフの気がしれないと思いました(笑)」と前置きし、「ちゃんと家族で観れるような作品です。大人も子供も楽しめる作品ですし、みんなに観てほしいです」とコメントした。

 主題歌を担当するのは、若者を中心に圧倒的な支持を受け、『天気の子』の新海誠監督も大ファンだと公言する2人組バンド・ヨルシカ。本作をイメージして描き下ろされた主題歌「花に亡霊」は、解禁された本予告映像で聞くことができる。

 映画『泣きたい私は猫をかぶる』は6月5日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング