藤本美貴 リーダー就任後わずか25日! “モー娘。脱退”の真相告白

クランクイン! / 2020年6月12日 11時57分

藤本美貴 クランクイン!

 タレントの藤本美貴が11日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・ 日本テレビ系/毎週木曜22時)に出演。かつて彼女が在籍しリーダーも務めたモーニング娘。脱退の真相について明かす一幕があった。 番組には藤本のほか、グループ卒業が延期となったAKB48の峯岸みなみらが出演。トークの中でグループ卒業を控えた峯岸が「ミキティさんがモーニング娘。を卒業したきっかけというか理由は…?」と尋ねると、藤本は笑いながら「それはだって庄司と撮られたからです」とあっさり回答した。

 藤本は2007年5月にモーニング娘。のリーダーに就任。しかし直後に写真週刊誌によって現在の夫・庄司智春との交際が報じられていた。

 卒業コンサートもなかったという藤本は「(ファンの前で)“卒業します”って言ったことないです!」と話すと「リーダー25日間ですから」とコメント。MCの浜田雅功から「クビじゃないの?」と問われた彼女は「一応自分からみたいな…」とグループを抜けたときの体裁を明かし、当時の心境について「(庄司)別れるっていう選択肢がなかったというのが一番大きいです」と、脱退した理由を明かした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング