『glee』ナヤ・リヴェラさん死去 共演者が悲痛のメッセージ

クランクイン! / 2020年7月14日 18時3分

ナヤ・リヴェラさん

 米カリフォルニア州の湖で行方不明になっていた『glee/グリー』出演のナヤ・リヴェラさん。現地時間13日、湖から遺体が発見されたと、Us Magazineほか複数の海外メディアが報じた。33歳だった。

 ナヤさんは、息子のジョージー君と一緒に、今月8日にロサンゼルス近郊のピル湖を訪れ、ボートをレンタルしていた。しかし同日、ボートで遊んでいたレジャー客が、漂流しているボートの上で、ジョージー君が1人で眠っているのを発見。ナヤさんが行方不明になっていることがわかった。

 Us Magazineによると、ボートにはナヤさんのバッグと財布、身分証があり、彼女のものと思われるライフジャケットが残されていたという。

 湖のあるベントゥーラ郡の保安官事務所の行った会見によると、ナヤさんとジョージーくんは湖で泳いだあとに、ナヤさんがジョージー君をボートに戻るのを手伝って押し上げたものの、彼が振り向くと彼女の姿が見えなかったと、ジョージー君が証言しているそう。なお、事件性や自殺を示すものはないと発表されている。

 ナヤさんは、人気ドラマシリーズ『glee/グリー』のサンタナ・ロペス役で出演。そのほか『デビアスなメイドたち』や『Step Up:High Water(原題)』にも出演していた。

 今回の事故に対し、『glee』で共演したキャストからはナヤさんとの思い出の写真と共に悲痛のメッセージが寄せられている。

 カート・ハメル役のクリス・コルファーは、「どうしたら、愛とリスペクトする思いすべてを1つの投稿で、伝えられる? どうしたら、10年にも及ぶ友情と笑い合った日々を、一言にまとめられるの? もしナヤの友達なら、それは無理なこと」「彼女は、ちょっとした一言で嫌な日を素晴らしい日に替えることが出来た」と振り返った。

 ティナ・コーエン=チャン役のジェナ・アシュコウィッツは、「たくさんの笑いとマティーニ、そして秘密をあなたとシェアできたことはとてもラッキーだったわ。あなたがいつもそばにいることは当然だと思っていた」「もうすでにあなたのことが恋しいわ」と心境を吐露。

 途中から参加したキティ・ワイルド役のベッカ・トビンは、すでに絆が出来上がっていたキャストの中に飛び込むことが怖かったと明かすも、そんな中、ナヤさんが一番に優しく接してくれたこと、パーティーや集まりに招待してくれたことを回想。「彼女はスーパースターよ。新人の女の子から何も得られるものなんてないのに、その女の子のドラマでの経験すべてを変えてくれた。永遠に感謝を忘れないわ」とつづった。

 またスー先生役のジェーン・リンチはツイッターにて、「ナヤ、安らかに。あなたはとても力強かった。愛と平和をあなたのファミリーに送ります」とメッセージ。

 さらに、JustJaredによるとレイチェル・ベリーを演じたリア・ミシェルは、インスタグラムストーリーで3枚の写真をシェア。1枚目は、『glee』の共演者でリアの恋人だったコリー・モンティスが、花束を持ち、セントラルパークの橋の上でほほ笑む写真。2011年に、ドラマの撮影を行った時のものだという。くしくも、ナヤさんの遺体が発見された7月13日は、コリーの命日だった。2枚目には、ナヤさんの写真、そして3枚目には、リアとナヤさんが他のキャストと共に写っている、いずれもモノクロ写真だ。

引用:
「クリス・コルファー」インスタグラム(@chriscolfer)
「ジェナ・アシュコウィッツ」インスタグラム(@jennaushkowitz)
「ベッカ・トビン」インスタグラム(@becca)
「ジェーン・リンチ」ツイッター(@janemarielynch)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング