名探偵ホームズの妹が主人公! ミリー・ボビー・ブラウン主演『エノーラ・ホームズの事件簿』予告

クランクイン! / 2020年8月26日 20時15分

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』場面写真

 女優ミリー・ボビー・ブラウンが主演を務めるNetflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』より、シャーロック・ホームズの妹の駆け出し探偵エノーラ(ミリー)が、失踪した母親を探すべく大冒険へと繰り出す様子を描く予告編が解禁された。

 本作は、名探偵シャーロック・ホームズの妹エノーラの謎解きと冒険を描く本格ミステリー・アドベンチャー。Netflixのメガヒットシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で謎の少女イレブン役を演じたミリーがエノーラ役を務めるほか、プロデューサーにも加わっている。兄シャーロックを演じるのは『マン・オブ・スティール』『ジャスティス・リーグ』のスーパーマン役で知られるヘンリー・カヴィル。そして個性的すぎるエノーラの母親役には、ティム・バートン監督作品や『ハリー・ポッター』シリーズ、『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーター。

 舞台は1884年のイギリス。エノーラ・ホームズ(ミリー)が16歳の誕生日を迎えた朝、目を覚ますと母親(ヘレナ)が謎めいた暗号だけを残し行方不明に…。失踪をきっかけに、別々に暮らしていた兄のシャーロック(ヘンリー)とマイクロフト(サム・クラフリン)と久々に再会、やむなく兄たちに面倒をみられる事になるが、自由奔放な彼女は兄たちに従わず、母親を探すため1人ロンドンへ。旅の途中、思いがけず若き貴族の失踪事件に関わったことをきっかけに、世界の歴史を覆しかねないほどの恐ろしい陰謀と巨大な謎へと巻き込まれていく。

 予告編では冒頭から、母とエノーラの、“淑女のための教育”とはかけ離れた過激で驚きのスーパー教育法が描かれ、この母子の関係が普通ではないことが分かる。そんな愛する母が突如謎の失踪を遂げ、久々に兄シャーロックたちに再会したエノーラだが、なんと厄介払いのように花嫁学校へと行かされてしまうことに。しかし黙って従うはずのないエノーラは学校を飛び出し、母の行方を捜すため、真相を究明することを決意する。

 映像ではミステリー要素はもちろん、爆走する列車での迫力たっぷりの攻防や、ドレス姿で敵と勇ましく戦うアクションシーンも盛りだくさん。さらに、かわいらしさが引き立つエメラルドのワンピース、美しさが際立つ赤いドレスに、ボーイッシュな白シャツ姿など、さまざまな衣装に身を包むエノーラの姿も堪能できる。そしてヘンリー演じる兄シャーロックのりりしい姿も随所に登場する。

 Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は9月23日より独占配信。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング