宮崎美子 “40年ぶりビキニ姿”にネット衝撃「綺麗すぎて焦った」

クランクイン! / 2020年10月20日 16時30分

「宮崎美子 40周年 カレンダー&フォトブックセット」より40年ぶりのビキニ姿

 芸能生活40周年を迎えた女優の宮崎美子の初めてのカレンダーの発売が決定。61歳の宮崎のビキニ姿が披露されると、ネット上で「61歳であのスタイルやべえなぁ」「綺麗すぎて焦った」などと大きな話題となっている。

 芸能生活40周年を迎えた宮崎。ちょうど40年前の21歳、熊本大学の学生時代に篠山紀信撮影の「週刊朝日」の表紙でデビューし、ミノルタ・カメラのテレビCMで一躍全国区になった後、数々の映画やドラマで活躍。近年ではクイズ、政治番組での才色兼備な姿で活躍の幅を広げている。

 今回、そんな宮崎の現在を、デビューのきっかけとなった篠山氏が再び切り取った。撮影は、穏やかな陽気の9月中旬、九十九里のおしゃれな邸宅と近隣の海辺にて。ベージュピンクのかれんなワンピース姿、白いデコルテが際立つ胸元が美しいネイビーの光沢のドレスや、40年ぶりというビキニ姿など、さまざまな「宮崎美子の今」が楽しめるカレンダーになっている。

 カレンダー発売のニュースとともに、宮崎のビキニ姿が公開されるや否や、ツイッターでは「宮崎美子」の名がまたたく間にトレンド入り。宮崎のビキニ姿に「めちゃ可愛い」「61歳であのスタイルやべえなぁ」「綺麗すぎて焦った」などと驚くファンの声が殺到した。

 なお、カレンダー発売に先駆けて、カレンダーとはまた別の、今まで見たことのない宮崎の魅力が写し出された写真を、20日発売の「週刊現代」(講談社)でも11ページにわたって披露している。

 「宮崎美子 40周年 カレンダー&フォトブックセット」は限定生産商品で予約受け付け中。価格は6000円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング