“馬を愛するアイドル”櫻坂46・菅井友香、乗馬で笑顔振りまく

クランクイン! / 2020年10月30日 19時0分

「馬術スペシャルアンバサダー」就任4年目の櫻坂46・菅井友香

 櫻坂46の菅井友香が30日、都内・JRA馬事公苑にて行われた「メディアのための馬術講座」に出席。小学5年生から始めたという乗馬の腕前を披露した。

 日本馬術連盟により主催された同講座。菅井は2017年より同連盟の馬術スペシャルアンバサダーを務めており、今年で4年目を迎える。菅井は“馬好き”であることをさまざまな場面で話しており、プライベートでも“馬グッズ”を集める、まさに“馬を愛するアイドル”だ。

 菅井は櫻坂46のイメージカラーである白を基調としたセットアップで登場。オリンピックで行われる馬術競技「馬場馬術」「障害馬術」「総合馬術」の3種目についてトークを行った。

 過去に経験したという障害馬術の知識も披露しつつ、馬術における人と馬の関係性の大切さなどを説明。馬場馬術に関するトークでは、馬のステップを自ら実演し、かわいらしい動きで会場を和やかなムードに包んだ。

 講座の終盤には、屋外にて菅井の乗馬姿を撮影する機会も設けられた。菅井は乗馬用のウェアに着替え、馬に乗って報道陣の前に再登場。小学5年生の頃から馬に乗り始め、高校1年生の時には全日本馬場馬術チルドレンライダー選手権で2位に入賞したほどである乗馬の腕前を披露しつつ、大好きな馬の背中でカメラに向けて笑顔を振りまいた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング