『35歳の少女』“結人”坂口健太郎が“望美”柴咲コウに「キスでもしようか」 視聴者もん絶「破壊力」

クランクイン! / 2020年11月8日 18時0分

土曜ドラマ『35歳の少女』第5話場面写真

 女優の柴咲コウが主演を務めるドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第5話が7日に放送。坂口健太郎演じる広瀬結人が望美に「キスでもしようか」と告げるシーンに「破壊力でしかない」「キスでもしようかはやばい」などと反響があがった。

 本作は、10歳の時に不慮の事故で長い眠りにつき、25年後に目覚めた女性の、“時をこえた”成長物語。“35歳の少女”である主人公・時岡望美を柴咲が、望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口が演じる。

 結人への気持ちが日に日に増していく望美。結人へ積極的にアプローチするが、結人はまだ精神年齢の幼い望美を「焦らないで、心も35歳になるまで待ったほうがいい」となだめる。

 ある日、結人が交際を承諾しないことにも、教師を辞めて代行業を続けていることにも納得がいかない望美は、結人に「私と付き合うことからも、教師に戻ることからも、逃げてるだけじゃない。いつまでそんなことをして時間を無駄にするの? 卑怯だよ、結人くん」と言い放つ。感情的になった結人に押し倒されたうえ「人のことばっかり責めてんじゃねえよ!」と怒鳴られた望美は落ち込むが、かつて若き日の母・多恵(鈴木保奈美)が父・進次(田中哲司)を振り向かせた方法にヒントを得て、自身が恋人代行業の客となって、結人を呼び出す。

 自分の気持ちだけ押し付けるのではなく、結人の話を聞こうという望美の姿勢に心打たれた結人は、望美と共に亡き教え子の墓へ向かい、もう一度教師に戻ることを決断。仕事先に電話をしてあっさり代行業を辞めると、望美に向き合い「さて、どうしようか。恋人代行は終わりだし、キスでもしようか」と告げた。

 望美と交際する覚悟を決めた結人の言葉に、ネット上の視聴者からは「破壊力でしかない」「坂口健太郎のキスでもしようかの破壊力」「坂口健太郎イケメンすぎて死んだ」「キスでもしようかはやばい」「ドキドキしたあああああああああああああ」など、悶絶の声が集まっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング