『姉ちゃんの恋人』“真人”林遣都、“桃子”有村架純にプロポーズ 大団円の最終話に反響

クランクイン! / 2020年12月23日 18時10分

ドラマ『姉ちゃんの恋人』最終話場面写真

 女優の有村架純が主演を務めるドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の最終話が22日に放送。大団円の幸せな展開に視聴者からは「素敵な最終回」「幸せな時間でした」「心がぽかぽか」など幸せにあふれる声が寄せられた。

 安達家で開かれるクリスマスパーティーに参加した真人(林遣都)。家では桃子たちの弟たち、みゆき(奈緒)が2人を温かく迎える。自分が今持っている悩みを告白し、周りはただそれを受け止める、という安達家の恒例行事に従い、ひとりずつ悩みや心配事を明かすことに。真人は、最高のクリスマスだと話しつつ「好きな人がこうやって増えると心配も増えて、自分のせいで好きな人たちが嫌な思いしないといいなって思っています」と告白。桃子たちは全員真人の思いをしっかりと受け止める。このシーンにネットでは「まずは受け止める、って大切」「幸せなシーン」「安達家最高あたたかい」「素敵なパーティー」などの声が寄せられた。

 真人は勤務先のホームセンターのクリスマスパーティーで、桃子をこっそりクリスマスツリーの前へ連れ出し、2人きりに。そこで真人は「このツリーの前でキスしていいかな?」と尋ね、2人は唇を合わせるのだった。そしてある日のデートでは、桃子が過去に理想としていたデートプランの一部を再現し「桃子みたいな人はさ、ふわふわとかふにゃふにゃとかしてる男と結婚した方がいいかもね、例えば俺みたいな」とプロポーズ。それを聞いた桃子は「死ぬまで忘れない!」と幸せそうにほほ笑んだ。

 また、和輝(高橋海人)とみゆきも晴れて恋人同士となり、ホームセンターの新社長となった悟志(藤木直人)は日南子(小池栄子)にプロポーズするなど、大団円となった最終回。放送終了後には「みんな幸せそうでよかった」「もう姉恋ロス始まってる」「寂しいけど幸せです」「心が温かくなる作品」「素敵な温かいドラマをありがとう」などの反響が集まった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング