『シン・エヴァンゲリオン劇場版』最速上映は1月23日0時 5都市15劇場で実施

クランクイン! / 2020年12月24日 12時0分

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ポスタービジュアル

 アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、公開初日である2021年1月23日の0時(1月22日24時)から、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市、15劇場にて世界最速上映されることが決まった。

 1995年のテレビシリーズ放送で社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズ。本作は、2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』として再始動し、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012)に続く、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ4作目となる。

 世界最速上映が行われる劇場は、東京の新宿バルト9、TOHOシネマズ新宿、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズ上野、TOHOシネマズ池袋。大阪のTOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば。名古屋のミッドランドスクエアシネマ、109シネマズ名古屋。福岡のT・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13。札幌のユナイテッド・シネマ札幌。

 これらの劇場のうち、IMAX対応のTOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズなんば、109シネマズ名古屋、ユナイテッド・シネマ札幌では、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333 YOU CAN (NOT) REDO.』と『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のIMAX上映を連続して鑑賞できる上映回も用意される。また、新宿バルト9では通常版の連続上映を予定している。

 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、2021年1月23日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング