花江夏樹、『漁港の肉子ちゃん』出演決定&下野紘も意欲 「さんまのまんま」で発表

クランクイン! / 2021年1月2日 18時30分

劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』に出演する花江夏樹

 明石家さんまが企画・プロデュースを手掛ける劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』に、アニメ『鬼滅の刃』で主人公・竈門炭治郎役を演じる声優の花江夏樹が、メインキャラクターのボイスキャストとして参加することが発表された。

 本作は、直木賞作家・西加奈子による累計発行部数35万部超の同名ベストセラー小説をアニメ化。漁港の船に住む2人きりの母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。原作小説にほれ込んだ明石家さんまが、劇場公開アニメ映画を初プロデュース。監督は『ドラえもん のび太の恐竜2006』『海獣の子供』を手掛けた渡辺歩。キャラクターデザイン・総作画監督をスタジオジブリ一期生の小西賢一が務める。脚本は『凪のお暇』などの大島里美、アニメーション制作はSTUDIO4℃。

 花江が本作で演じるのは、物語を支える重要な役どころとなる少年の役。1月2日に放送された『新春大売り出し!さんまのまんま』(フジテレビ系)にゲスト出演した花江に対し、さんまが本作出演を快諾してくれたことに感謝の気持ちを伝えた。そこから作品についてのトークが広がり、同じく番組にゲスト出演した下野紘も、オーディションがあれば受けたいとアピールした。

 本作の主人公となる肉子ちゃん役、キクコ役の2人のボイスキャストについては後日の解禁が予定されているが、花江の本作参加がテレビ番組での先行解禁という形で、主人公たちより先に発表されることとなった。

 劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』は2021年初夏、全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング