メーガン妃、実父宛ての手紙を掲載した英タブロイド紙に裁判で勝利

クランクイン! / 2021年2月12日 13時34分

メーガン妃、実父宛ての手紙を掲載したタブロイド紙に勝訴

 英王室を離脱したヘンリー王子の妻メーガン妃が、実父に宛てた手紙を公開したイギリスのタブロイド紙を相手取り起こしていた裁判に、勝訴した。

 この裁判は、2019年に、実の父トーマス・マークルに宛てた手書きの手紙の一部を、The Mail on SundayとMailOnlineが一連の記事に掲載したことに対し、出版元のAssociated Newspapers Limitedを相手取り、プライバシーと著作権の侵害で訴えていたもの。

 CNNによると、現地時間2月11日に「暴露は明らかに行き過ぎで、違法」との判決が下った。本件は、正規の審理を省略する略式判決という形が取られたが、「審理を行ったとしても異なる判決に達する見込みはない」と言及されたという。

 判決文には、「メーガン妃には、手紙はプライバシーが保たれ、全国紙で世界に向けて掲載されることはないという、合理的な予測があった。被告が行った手紙の掲載は、彼女の情報の不正使用である」と書かれていたという。

 判決を受け、メーガン妃は「2年に及ぶ長い訴訟の結果、Associated NewspapersとThe Mail on Sundayが、違法で、人を人と思わない行為を行ったと判断された事を嬉しく思います」とコメントした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング