1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

『ボクの殺意が恋をした』美月の正体、意外な人物の再登場 どんでん返しの連続に視聴者騒然

クランクイン! / 2021年8月23日 18時0分

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』第7話より

 俳優の中川大志が主演するドラマ『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第7話が22日に放送。田中みな実演じる千景の正体や水野美紀演じる詩織の本性など、次々と明かされる秘密の数々に「ウソやろ?」「驚き場面多すぎ」「人間不信になるわこれ」といった反響が寄せられた。(以下ネタバレを含みます。ご了承のうえ、お読みください)

 詩織(水野)は、なぜ葵が丈一郎(藤木直人)を殺害したのか、その理由を柊に告げる。葵の兄である武尊(小池徹平)は、丈一郎が所属するSOSに殺害された。葵は兄の復讐のために丈一郎を殺したというのだ。

 また、千景の正体が本物の鳴宮美月であったことも明かされた。「自分から姿を現すなんて」と驚かれながらも詩織に接触した千景が、「柊くんの本当の仇は、あなたでしょ」とこれまで行われた悪事の数々が詩織によるものであると指摘すると、詩織は「それがなに」と平然と言ってのける。

 葵は、母親の身の危険をちらつかせる詩織に脅され、自らが丈一郎を殺害したとうその自供をしていた。「私は男虎丈一郎さんを殺してなんかない」と否定する葵を、詩織は「分かってるわよ。そんなこと」と鼻で笑う。

 そんななか柊は、丈一郎の仇であることを認めてしまった葵の殺害を改めて決意。再び葵と対面すると、今度はためらいなく銃口を突きつける。

 一方、詩織のもとにはある男の足音が近づいていた。男と目が合った詩織は「どうして...!」と驚きを隠せない。男の正体は、死んだと思われていた丈一郎。「会いたかったよ。詩織ちゃん」と詩織をにらみつけるのだった。

 次々と明かされる秘密の数々、そして死んだはずの丈一郎が現れる驚がく展開に、視聴者からは「ええ??!!」「ふぁ!!??」「人間不信になるわこれ」「展開がやばい」「驚き場面多すぎ」「大どんでん返し」などさまざまなリアクションがネットに書き込まれた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング