1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

トム・ホランド主演『カオス・ウォーキング』公開決定 共演にデイジー・リドリー&マッツ・ミケルセン

クランクイン! / 2021年8月27日 7時0分

映画『カオス・ウォーキング』場面写真

 俳優のトム・ホランドが主演を務める映画『Chaos Walking(原題)』が、邦題を『カオス・ウォーキング』として、11月12日より全国公開されることが決定。併せて場面写真が解禁された。

 パトリック・ネスの傑作SF小説を映画化した本作は、巨大宇宙船、エイリアンとの戦い、謎に満ちた星など、壮大なスケールと映画史上初の設定によるエキサイティングなストーリーのSFエンターテインメント。『スパイダーマン』シリーズのトム・ホランドが主演を務めるほか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でスターダムを駆け上がったデイジー・リドリーと、21世紀を代表する名優マッツ・ミケルセンが共演する。監督は『ボーン・アイデンティティー』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマン。

 西暦2257年、〈ニュー・ワールド〉。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずだった。だが、男たちは頭の中の考えや心の中の思いが、〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、女は死に絶えてしまう。この星で生まれ、最も若い青年であるトッドは、一度も女性を見たことがない。ある時、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティスから彼女を守ると決意するトッド。2人の逃避行の先々で、この星の驚きの秘密が明らかになっていく―。

 解禁された場面写真では、トッド(トム・ホランド)とヴァイオラ(デイジー・リドリー)が正面を見据え、トッドからはノイズが出ている。2人はどう出会い、どう交差していくのか。中央には惑星がいくつか浮かんでおり、宇宙を舞台に繰り広げられる壮大な物語を期待させる写真だ。

 映画『カオス・ウォーキング』は11月12日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング