1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

川栄李奈&島崎信長&島袋美由利、loundraw監督『サマーゴースト』出演決定

クランクイン! / 2021年9月24日 15時0分

アニメ映画『サマーゴースト』メインビジュアル

 11月12日に公開される短編アニメーション映画『サマーゴースト』の新キャストとして、川栄李奈、島崎信長、島袋美由利の出演が決定した。併せて、監督のloundrawが描き下ろしたメインビジュアルが公開された。

 本作は、loundrawが描いた1枚のイラストから生まれた、忘れられない“ひと夏の出会い”を描く現代青春群像劇。26歳のloundrawの映画監督デビュー作となる。脚本を作家であり映画監督でもある安達寛高(乙一)が担当。男性メインキャラクターの杉崎友也役を小林千晃が担当する。

 女優だけでなく声優としても活躍する川栄が演じるのは、“サマーゴースト”と呼ばれる女性の幽霊・佐藤絢音。アフレコを終えた川栄は「アフレコでは椅子に座っての収録で、自然体な状態を作って下さりリラックスして挑めました。loundrawさんが描かれるキャラクターや情景がとても繊細で美しいのでぜひ映画館で観てもらいたいです。そして、この作品を通して一歩踏み出す勇気を持ってもらえたら嬉しいです」とコメントしている。

 主人公の高校生・杉崎友也の誘いで都市伝説として噂される幽霊“サマーゴースト”を探しに行くこととなった高校生・小林涼を島崎、同じく高校生の春川あおいを島袋が演じる。

 島崎は「台本を読んだりVTRをチェックしている時から面白かったのですが、それ以上に現場での時間が楽しくて仕方がありませんでした。深い愛と熱量と勢いを感じて、これは間違いなく良い作品になるぞ、と。しっかりと人間を描いた、奥深くも心地よい作品です」、島袋は「アニメーションが表現している細やかな動きや表情とあおいの息遣いが溶け合うようにと心がけながら収録に向かわせていただきました」と明かした。

 メインビジュアルには、友也と絢音、そして2人の出逢いの場所となる飛行場跡地の滑走路に夕日が差し込み輝く様子が描かれている。「一番絵が上達したタイミングで描きたいと思っていた」と語るloundrawの集大成ともいえる幻想的な1枚になっている。

 さらに、『サマーゴースト』のコミカライズ・ノベライズ企画も始動。コミカライズを担当するのは、『スプートニクの少女』でヤングジャンプ40周年記念宇宙漫画賞・準大賞を受賞した井ノ巳吉。ノベライズでは、安達が小説を2ヵ月連続刊行。映画本編のストーリーを軸に、より踏み込んだ物語が描かれる『サマーゴースト』が10月29日、姉妹作として“花火と幽霊”をモチーフに執筆されたオリジナル小説『一ノ瀬ユウナが浮いている』が11月26日に発売される。

 アニメ映画『サマーゴースト』は、11月12日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング