1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

ハイキックに反響! 高橋メアリージュン、『アバランチ』での武闘派アクション「楽しい」

クランクイン! / 2021年11月1日 18時0分

ドラマ『アバランチ』武闘派・リナを演じる高橋メアリージュン(第3話場面写真より)

 俳優の綾野剛が主演するドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)第3話が今夜放送。元自衛官の明石リナを演じ、豪快なアクションシーンが話題を集める女優の高橋メアリージュンからコメントが到着した。

 本作は、主人公・羽生誠一(綾野)が所属する謎に包まれたアウトロー集団・アバランチ(Avalanche=雪崩)の活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。綾野、高橋のほか、アバランチメンバーとして警視庁特別犯罪対策企画室・室長の山守美智代役で木村佳乃、山守の部下の警察官・西城英輔役で福士蒼汰、天才ハッカー・牧原大志役で千葉雄大、元所轄刑事・打本鉄治役で田中要次が出演。さらに、内閣官房副長官・大山健吾役で渡部篤郎が特別出演している。

 第1話では大規模都市開発プロジェクトのリーダーの誘拐事件に端を発した大物実業家・六車泰次郎(板尾創路)の悪事を、第2話では牧原の姉・夏川洋子(中島亜梨沙)の不審死事件をきっかけに外務副大臣・黒田正治(嶋田久作)による開発途上国支援金30億円の不正流用を白日の下にさらしたアバランチ。いずれも内閣官房副長官・大山(渡部)を追い込むための作戦だったが、第3話ではリナの過去に大きく関係する作戦が描かれる。

 これまで羽生と双璧を成すアバランチの武闘派・リナを演じてきた高橋は、「リナ的にはハードなシーンの撮影が続いていますけど、メアリー的には楽しいですね」と笑顔。「特に綾野さんは常に今出来るベストを探っていて、刺激を受けますね」と語った。

 視聴者からも大きな反響があったアクションシーンについては、「ずっとガッツリとアクションをやりたいという願望があったので、今回すごくうれしかったです」とした上で、「ハイキックがそれほど褒められると思っていませんでした」と驚いた様子。さらに、これまで数多くのアクションシーンを演じてきた綾野と福士との共演ということで、「緊張感もありますし満足に思えることはないですね。2人をうならせるようなアクションを出来るようになるために、もっと頑張らなきゃと思っています」と意欲を見せる。

 「アバランチはダークヒーローに見えるけど、それぞれの正義を信じたすごくピュアな人たちの集まりだと思います。“なぜみんなアバランチに参加したのか?”“この日本にアバランチが出来た背景とは?”という、正義がテーマの人間ドラマとしても楽しんでいただけたら」と呼びかけ、「1・2話とクールで強い印象を与えていましたが、第3話は初めて弱い部分も含めた感情をさらけ出します」とアピールした。

 第3話では、ホステスが何人も不審死を遂げている高級会員制サロンにリナが潜入。難攻不落のサロンに隠された政財界の裏資料を巡って繰り広げられる、人間ドラマが描かれる。

 ドラマ『アバランチ』第3話は、カンテレ・フジテレビ系にて11月1日22時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください