1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 海外・セレブ

スター・ウォーズ最新作『ボバ・フェット』、SW史上最強の賞金稼ぎが暗躍する特報解禁

クランクイン! / 2021年11月2日 17時0分

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』新キービジュアル

 12月29日17時よりディズニープラスにて配信開始となる「スター・ウォーズ」シリーズ最新作のオリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』より、初映像となる特報が、新キービジュアルと共に解禁された。“SW史上最強の賞金稼ぎ”が“闇の世界の支配者”への階段を上り始める姿が映し出され、彼と行動を共にするフェネック・シャンドが並ぶ。

 本作では、「スター・ウォーズ」史上最強の賞金稼ぎボバ・フェットを主人公に、今まで謎に満ちあふれていた彼の数々の真実が明かされる。

 『スター・ウォーズ エピソード 5/帝国の逆襲』で初登場したボバ・フェットは、特注のマンダロア・アーマーや、殺傷能力の高い武器を駆使する雇い兵であり、シスの暗黒卿ダース・ベイダーや闇の世界を支配する犯罪王ジャバ・ザ・ハットに認められ銀河に名をとどろかせる伝説の賞金稼ぎ。本作の舞台は『エピソード 6/ジェダイの帰還』のその後。ボバ・フェットが、かつてジャバ・ザ・ハットが統治した惑星タトゥイーンの<闇>の支配へと乗り出す。

 特報では「俺は賞金稼ぎじゃない」と明言。そして「ジャバは恐怖で支配した。俺は敬意をもって支配する」と、闇の世界の支配を宣言する。

 『エピソード 6/ジェダイの帰還』でルーク・スカイウォーカーやハン・ソロとの戦いの最中に命を落としたと思われていたが、ディズニープラスで独占配信中の『マンダロリアン』チャプター14:悲劇(シーズン2 第6話)で再び登場したボバ・フェット。伝説のキャラクターの帰還は全世界の「スター・ウォーズ」ファンを驚かせ、さらに最終話のエンドクレジット後には、タトゥイーンにあるジャバ・ザ・ハットの玉座を奪うシーンが映し出され、闇の世界での暗躍が示唆されていた。死んだはずのボバ・フェットは、なぜ生きていたのかー?

 「スター・ウォーズ」を生んだ巨匠ジョージ・ルーカスが「人気が出ると知っていたらもっと活躍させて、彼が迎える最期もカッコよくしたかった」と後悔を公言するほど高い人気を獲得しているボバ・フェット。『クローンの攻撃』ではジャンゴ・フェットを演じ、『マンダロリアン』からはボバ・フェットを演じているテムエラ・モリソンは「あまり多くは言えないのですが、今作では『帝国の逆襲』以降の彼の過去を、彼の旅を知る事ができます」とコメントしている。

 オリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は、ディズニープラスにて12月29日17時より独占配信開始。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください