『劇場版コード・ブルー』がV3! 公開3週目で早くも50億円突破

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2018年8月14日 11時40分

8月11日~8月12日全国映画動員ランキング1位:『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』(C)2018「劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐」製作委員会

 8月11~12日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』が、週末土日動員45万5000人、興収6億1300万円をあげ、公開から3週連続で1位を獲得した。累計では動員406万人、興収52億円を突破と、圧倒的な数字を記録している。 2位は、先週に引き続き『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、週末土日動員37万人、興収5億3000万円をあげランクイン。累計では動員150万人、興収20億円を突破。配給サイドでは興収60億円突破を見込めるという。

 3位も先週同様、『インクレディブル・ファミリー』が、週末土日動員36万8000人、興収4億6700万円をあげランクイン。こちらも累計で動員170万人、興収20億円を突破。オープニング週からの動員・興収比が110%という驚異的な数字を記録した。

 4位は、先週の6位から2ランクアップした『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。週末土日動員19万9000人、興収3億900万円と粘り強い興行を見せている。累計では65億円に迫る勢いとなっている。

 5位は初登場の『オーシャンズ8』が、初週土日動員17万8000人、興収2億4500万円をあげランクイン。6位は先週からワンランクアップの『未来のミライ』。こちらは累計で20億を突破した。

 その他、先週5位の『僕のヒーローアカデミア ‐THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)‐』は7位、先週6位の『劇場版 仮面ライダービルド Be The One/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』は8位。9位には公開5週目の『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』がランクイン。『ポケモン』は累計で動員204万人、興収23億円を突破した。

 先週10位にランクインした『カメラを止めるな!』は、惜しくも11位に順位を落としたが、興収では9位の『ポケモン』を上回っており、累計興収は4億円を突破した。

 8月11日~8月12日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐
第2位:ミッション:インポッシブル/フォールアウト
第3位:インクレディブル・ファミリー
第4位:ジュラシック・ワールド/炎の王国
第5位:オーシャンズ8
第6位:未来のミライ
第7位:僕のヒーローアカデミア ‐THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)‐
第8位:劇場版 仮面ライダービルド/快盗戦隊ルパンレンジャーVS 警察戦隊パトレンジャー
第9位:劇場版ポケットモンスター みんなの物語
第10位:センセイ君主

クランクイン! 映画・セレブゴシップ

トピックスRSS

ランキング