TAKAHIROの涙の理由は… 『僕に、会いたかった』ポスター&予告到着

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年3月21日 8時0分

『僕に、会いたかった』新ポスター(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 EXILEのTAKAHIROが初単独主演を務める映画『僕に、会いたかった』より、ポスタービジュアルと予告映像が届いた。TAKAHIRO演じる記憶を失くした漁師・徹が静かに涙を流すシーンも盛り込まれ、エモーショナルな予告映像となっている。 本作は、島根県隠岐の島の大自然を舞台に、とある事故をきっかけに記憶を失った漁師が、周囲の人々の優しさに触れるうち、新しい自分を見つけ出す、家族の絆と再生を描くヒューマンドラマ。共演者として、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、松坂慶子、小市慢太郎など、若手からベテラン勢まで豪華俳優陣が発表されている。監督は『わさお』『たたら侍』の錦織良成。

 島で一二を争う凄腕漁師の池田徹(TAKAHIRO)は、ある事故をきっかけに記憶を失いながらも、母や島の人々のサポートを得ながら暮らしていた。漁に出られなくなった徹は、島で懸命に今を生きようとするが「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前へ進めない。そんな苦悩する徹を、島の雄大な自然と、そこに暮らす人々の優しさが包み込む。徹は“自分自身”を見つけることができるのか…。

 発表されたポスタービジュアルは、舞台となる島根県隠岐の島の美しい風景も織り込まれ、主人公・徹を中心に、柔らかな表情の登場人物たちが配置されたもの。徹の葛藤を優しく支える家族や島の人々とのつながりを示唆するビジュアルとなっている。

 予告映像は、嵐の中、荒波に揉まれる漁船の上で雨に打たれながら悲痛な叫び声をあげる徹の緊迫したシーンからスタート。記憶を失い、穏やかな日々の中でも葛藤する徹と、そんな彼を支える人々の真摯な優しさが丁寧に紡がれていく。すべてを受け止めて静かに涙を流すTAKAHIRO演じる徹の表情が印象的で、エモーショナルな予告編となった。ラストカットでは冒頭とは全く違う穏やかな海の上を船が進んでいく。本作の見どころのひとつである隠岐の島の美しいロケーションもしっかり捉えられている。

 映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング