目立ったもん勝ち! 2019年セレブたちの奇抜ドレス集10選

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年4月14日 8時0分

目立ったもん勝ち! 2019年セレブたちの奇抜ドレス集10選(C)AFLO

 華やかなレッドカーペットで毎回、話題になるのがセレブたちのファッション。華麗なスタイルを披露しても、奇抜なスタイルを披露しても、ハッキリ言って話題になった者勝ちだ! 今回は今年に入って早々に“バズった”セレブたちのユニークなドレス姿を紹介しよう。■ジャネール・モネイ、両肩が天に突き刺したドレス
(第61回グラミー賞)

 歌手のジャネール・モネイが選んだのは、ジャン=ポール・ゴルチエのドレス。一部の海外メディアには、まるで“抽象芸術”と表現されていた。大胆なV字のデコルテで、そのまま肩の部分が天に突き刺さる剣のように伸びている。さらに注目すべきは四角い帽子! その日のジャネールは“尖りたい”気分だったのかもしれない。

■ケイティ・ペリー、もっこりしたピンクドレスがアイコラ祭りに発展
(第61回グラミー賞)

 歌手のケイティ・ペリーはバルマンのピンクベースのストラップドレス姿。何よりも目を引くのは、ウエストからヒップのもっこり感。さらにチリチリした独特のテクスチャが、コラ職人の心をくすぐったようだ。ケイティのお気に入りは、ケイティをピンクのペンキがついたスポンジローラーに見立てたコラだそう。

■カーディ・B、マーメイドみたいな貝殻ドレスが話題沸騰
(第61回グラミー賞)

 歌手のカーディ・Bは1995年秋のクチュールコレクションで発表された、ミュグレーのヴィンテージドレスを着用。外側は黒、内側はピンクでウエストから貝殻が開いたように広がっている。むき出しになったボディをヌードカラーのシースルーで包んだカーディ・Bは、腰と首と頭に真珠のアクセサリーをつけて、まさに動く“真珠の貝殻”だった!?

■レディー・ガガ、青いシンデレラドレスで髪色もブルーに
(第76回ゴールデングローブ賞)

 歌手のレディー・ガガはごひいきのヴァレンティノの青いドレスを着て、シンデレラモード全開。長めのトレーンとふんわりした袖が特徴的だ。オフショルダーのドレスは白だったらウェディングドレスにもなりそう。髪の毛を同じブルーに染めているのがガガらしく、大胆でいてシックに着こなしている。

■ビリー・ポーター、斬新すぎるタキシードドレスが世界から称賛
(第91回アカデミー賞)

 俳優のビリー・ポーターは斬新なタキシードドレスで世界から称賛を受けた。クリスチャン・シリアーノによるカスタムデザインで、トップが男性らしいタキシード、ボトムが女性らしいボールガウン(舞踏会用のドレスみたいにスカート部分が広がっているドレス)。上品な黒のベルベット素材と相まって大胆不敵で、かつ気品にあふれている。■メリッサ・マッカーシー、ユーモアあふれるパロディ衣装でオスカー会場を沸かす
(第91回アカデミー賞)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング