西島秀俊×西田敏行『任侠学園』特報解禁 主題歌はスカパラに決定

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年5月22日 4時0分

映画『任侠学園』ポスタービジュアル(C)今野 敏 / (C)2019 映画「任侠学園」製作委員会

 俳優の西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務める映画『任侠学園』の公開日が9月27日に決定。併せてポスタービジュアルと特報映像が解禁され、主題歌を東京スカパラダイスオーケストラが担当することも発表された。 本作は、ヤクザが経営危機の高校の再建に奮闘する姿を描く、今野敏のエンターテインメント小説『任侠学園』が原作。経営が立ちゆかなくなった高校を建て直すため、新しい理事として現れたのは、曲がった事が大嫌いな昔気質のヤクザ・阿岐本組。見た目は怖く荒々しかったが、義理人情の正義を貫く彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。

 東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦は、本作のために書き下ろした主題歌「ツギハギカラフル」の歌詞について、「価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました」とコメント。作品について「社会的に正しいか不適切か、よりも、行動に真心や愛情があるかどうかで物事を判断したい、と常々思ってる自分に、この映画はとっても刺さりました」と感想を語っている。

 楽曲が流れる特報映像では、ドスを利かせた声で「行くぞ!」と組員たちを率いる西島扮する阿岐本組ナンバー2の日村の姿からスタート。「シートベルトのルールを守ってやってるんだぞコノヤロー!」と、更にドスを利かせた西田演じる組長・阿岐本をはじめ、組員役の伊藤淳史、池田鉄洋など、いかついながらもどこか不器用で親近感が湧く、地元密着型ヤクザ・阿岐本組の面々が次々に登場する。

 また、「わたくしどもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と野太い声で迫り寄る阿岐本組長に対し、生瀬扮する学園の校長・綾小路が「会ってすぐ」と即答する一幕など、小気味よいテンポで繰り広げられるコメディシーンも収録されている。

 ポスタービジュアルは、学校の教室の中で、凄みのある表情の西島と西田が大きく配置されたもの。その後ろには、組員役の伊藤や学生役の葵わかな、桜井日奈子、葉山奨之の姿も見ることができる。

 映画『任侠学園』は9月27日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング