アンミカ、『アラジン』ジャスミンが歌う「スピーチレス~心の声」に感動!

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年6月17日 17時0分

『アラジン』を鑑賞したアンミカにインタビュー(衣装:エスカーダ) クランクイン!

 不朽の名作として愛され続けるディズニーアニメーションを実写化した『アラジン』がついに公開! ディズニー映画の中で一番好きな作品が『アラジン』で、主題歌の「ホール・ニュー・ワールド」はカラオケの十八番というファッションモデルのアンミカが、本作の魅力、そして新曲「スピーチレス~心の声」から感じたことなどを興奮気味に語った。 貧しくも清い心を持つ青年アラジンと、王宮の外の世界での自由に憧れる王女ジャスミンとの身分の違いを超えたロマンス、そして、3つの願いを叶えてくれるジーニーと“魔法のランプ”をめぐる大冒険を描く本作。2017年に公開された『美女と野獣』のオープニング成績を超える爆発的なスタートを切り、全国映画動員ランキング初登場1位となった。

 そんな本作を劇場で鑑賞したアンミカは、「アニメーションの『アラジン』は、ディズニー映画の中で一番好きな映画なんですけど、今回の実写版もすごくよかった。オープニングから最後まで本当にあったかいし、キュンキュンしました。アニメーションと比べてどうだったとかじゃなくて、実写は実写の良さがあって素晴らしかったです。キャスティングも最高でした!」と話し、うっとりした表情を見せる。

 世界中で歌い続けられる名曲「ホール・ニュー・ワールド」は、アンミカのカラオケの十八番だそうで、こんな驚きのエピソードも。「ピーボ・ブライソンが来日したときに、彼をお仕事で呼んだ方の邸宅に呼ばれたんです。そのときにピーポと一緒にデュエットしました」。凄すぎる秘話を持つアンミカだが、今回、新たに実写で歌われた「ホール・ニュー・ワールド」にはまた別の魅力を感じたという。

 「ピーボとレジーナ・ベルの歌には色っぽい熟成した感じがありましたが、本作の若い二人が歌う『ホール・ニュー・ワールド』は、まっすぐに歌い上げる感じが若々しくてよかった。若い人にとっては、今回の二人の曲がスタンダードになっていくのだろうから、新しい『ホール・ニュー・ワールド』を私も練習しなくちゃ(笑)。こぶしで歌い上げる感じと、素直な感じ。両パターンで歌えるようにしたいですね」とニッコリ。

 さらに今回、新たなお気に入り曲も加わったという。ジャスミンが自分の気持ちを歌い上げる「スピーチレス~心の声」だ。「私、『スピーチレス~心の声』を歌うシーンが一番感動しました。民を思うジャスミンが“心の声”を歌い上げるのですが、この曲は、ただ心の声を叫ぶという歌じゃないんです。ちゃんと、自分の想いを人に届けようとしている。その“伝えたい”という気持ちに感動しました。今の時代を反映した、強いメッセージの込められた歌詞だと思います」。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング