アンミカ、『アラジン』ジャスミンが歌う「スピーチレス~心の声」に感動!

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年6月17日 17時0分

 もともと芯の強さを持っていたジャスミンだが、アラジンとの出会いによって、自分自身の“本当の願い”に気づき言動が変わっていく。この“出会いによって運命が変わる”という展開は、アンミカ自身の過去経験と重なる部分があり、強く共感したという。

 「モデルとして、15歳から19歳まで売れなかったときがありました。“似合う”と“好き”の違いがわからなかったんです。そんなときにあるデザイナーさんとカメラマンさんに出会ったことで、私自身も変わることができました。それまで前髪をあげてワンレンのボディコンを着て真っ赤な口紅を塗っていた子が、『あなたの骨格と顔立ちがおもしろいからキャスティングしたんだ』と言われて、口の色を消してアイラインにシェーディングだけで、今までと全く違う服を着たら、見たことのない私がいたんです」。

 この出会いによって、「外見だけでなく内面も変わりました」というアンミカは、憧れだったパリコレへの切符を掴む。「人生が開けた瞬間でした。『アラジン』を観て人との出会いというのは本当に大きなことだと改めて感じることができました」と力強く語る。

 そして、最後にこれから観る人に向けて、「夢のような美しさに満ちている作品で、ずっとず~っとドキドキが止まりません。観終った後は、どんな人でも信じたくなる、愛に溢れた作品だと思います」とメッセージを送り、インタビューを締めくくった。

(取材・文:望月ふみ/写真:高野広美)


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング