シャロン・ストーン、ハル・ベリー…セクシーさに磨きがかかる女優たち

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年7月15日 8時30分

(左から)シャロン・ストーン、ハル・ベリー、エリザベス・ハーレイ…セクシーさに磨きがかかる女優たち(C)AFLO

 欧米では今の40代は“新しい20代”、50代は“新しい30代”…などと言われている昨今。今回はまさにそんな言葉を体現し、年齢を重ねても年齢を感じさせず、ますますパワーアップしてセクシーさに磨きがかかる40代から60代の女性セレブをチェックしてみたい。 3月に61歳になった女優のシャロン・ストーン。1990年代に『氷の微笑』や『硝子の塔』なのでセクシー女優として大人気だったが、実はIQ154の才女だ。現在も当時と変わらぬ美しさと抜群のスタイルを維持しているが、今の方が近寄りやすいオーラが出ているかも。最近では「VOGUE」ポルトガル版で『氷の微笑』をほうふつとさせる大股開きでポーズを取り、余裕のトップレスを披露してくれた。

 女優のエリザベス・ハーレイは現在54歳。俳優のヒュー・グラントと交際していた1990年代の頃よりも艶っぽいのに、どこかキュートだ。最近は自身がプロデュースする水着ウェアに力を入れており、彼女のインスタは水着姿のオンパレード。ふくよかな胸とぜい肉のついていないウエスト、モデル並みのプロポーションの良さで、男性のみならず女性ファンをもうならせていそう。

 7月に46歳の誕生日を迎える女優のケイト・ベッキンセイルは、映画『アンダーワールド』で演じたヴァンパイアさながらに年齢を感じさせない。ダンサーのようなしなやかなボディに筋力トレーニングなどで適度に筋肉をつけ、ヒップアップも完璧だ。すらりと伸びた脚やデコルテには大人の女性らしい色気がムンムン。ケイトが若さを保つ秘けつは、年下のボーイフレンドかな?

 ラテンセクシー系の女性セレブの代表格は、なんと言っても歌手・女優のジェニファー・ロペスだ。ステージでは長い髪をなびかせ、露出の高い衣装と圧巻のボディでキレッキレのダンスを披露。31歳の時にはグラミー賞でフロント部分がガッツリ開いたヴェルサーチの緑のドレスを着用して話題になったが、来る7月24日に50歳になる今の方が断然、輝いている。
 お手本にしたい50代の海外女性セレブは多い。8月に53歳になる女優のハル・ベリーもその一人だ。パーソナルトレーナーとハードなエクササイズに励んでいる姿を頻繁にインスタに投稿しているが、その甲斐あって“カッコいいセクシー”を炸裂させている。トップレスの背中が超絶キレイだ。「夜中のスナック物色中」というキャプションをつけた写真では、ノーブラで前のはだけたシャツ姿をさらりと見せてくれたりする。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング