海外リメイク&公開オファー殺到『ダンスウィズミー』、三吉彩花が世界中で踊る映像解禁

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年7月18日 12時0分

映画『ダンスウィズミー』集合写真(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

 モデル・女優の三吉彩花が主演を務める映画『ダンスウィズミー』(8月16日公開)に、世界中からリメークのオファーや海外公開の申し入れが多数寄せられていることが、配給元のワーナー・ブラザーズ映画より明らかにされた。また、音楽が聞こえると踊らずにいられない体になってしまったヒロイン・静香を演じる三吉が、世界を股にかけ歌い踊るスペシャル映像も解禁された。 本作は『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督が「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマに、自ら原作・脚本・監督を務めるコメディー・ミュージカル。キャスト全員が本格訓練を重ねてミュージカルシーンすべての歌とダンスに吹き替えなしで挑戦している。

 子どもの頃からミュージカルが大の苦手だった一流商社勤務の静香は、とあるきっかけで、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出す体になってしまう。スマホの音や日常にあふれる音楽に反応し、所かまわず歌い踊り出すせいで、順風満帆だった人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する―。

 8月16日の日本公開に先んじて、世界の映画祭で上映された本作。「こんなミュージカル観たことない! ラ・ラ・ランドよりエキサイティング! 今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)、「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭プログラミングディレクター)との声が寄せられた。

 また、国内の試写会でいち早く見た日本の観客からは「面白すぎ、ただ面白いだけじゃない。何も考えずに歌い踊りたくなる!」「予想外のストーリーでめちゃくちゃ面白い!場内が笑いで溢れていた!」といった声があがっている。

 スペシャル映像では、静香の衣装で登場した三吉が、海外のダンサーも引き連れ、青空の下、山本リンダのヒット曲「狙いうち」を踊り始める。背後に映るのは上海の高層ビル群やトロントのビル群、そしてナイアガラの滝だ。有名な観光地なだけあってたくさんの観光客がいる中、おかまいなしに踊る三吉。長い手足をふんだんに生かし、キレッキレのダンスを披露すると、何事かと観光客もついつい気になっている様子だ。

 映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング