『キングダム』BD&DVD、11月6日リリース決定! 山崎賢人が“キングダム愛”を語る

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年8月8日 0時0分

山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が“キングダム愛”を熱く語り尽くす!(C)原泰久/集英社 (C)2019 映画「キングダム」製作委員会

 2019年(上半期)の実写邦画No.1ヒットを記録した映画『キングダム』のブルーレイ&DVDが11月6日にリリースとなることが発表された。発売決定に伴い、山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈、佐藤信介監督、松橋真三プロデューサーによるビジュアルコメンタリーの収録レポートも到着。撮影時の裏話やキャストのお気に入りシーンなどが明かされている。 累計発行部数4000万部を突破した原泰久による漫画「キングダム」を実写映画化した本作。主人公・信を山崎が演じ、吉沢、長澤まさみ、橋本、大沢たかお、本郷奏多、満島真之介、髙嶋政宏、要 潤ら“豪華すぎる”キャストが集結。日本映画最大規模の製作費をかけて作られた圧巻の映像も大きな話題となった。

 この度、本作のブルーレイ&DVDが11月6日にリリースされることが決定し、プレミアム・エディション【初回生産限定】のみに収録されるビジュアルコメンタリーの収録レポートが到着。

 まず本作への出演オファーを受けた時の心境について山崎が「話を聞いた時は、『ヨッシャ!』という感じでした。漫画の『キングダム』連載10周年の記念動画の時に原作は全部読んで、すごく好きになって思い入れもあったので、映画もできるんだという嬉しさがすごかったです」と振り返る。

 続いて、吉沢は「原作は大ファンで読んでいたので、『キングダム』に標準をあわせて、どういうものが『キングダム』をやる上で必要なのかを逆算して考えたりしていました。すごくこの作品に懸けていたので、決まったときは相当テンションが上がりました!」とコメント。同じく原作の大ファンだったという橋本も「好きな原作の世界観に自分が入っていけることはこれ以上ない幸せです!」と語った。

 それぞれ出演のオファーが来た時の感想について語っている途中、本編の映像が信(山崎)と漂(吉沢)が修行をするシーンになると、山崎は「来た来た! 修行シーン来たよ!」と大興奮。吉沢も一緒に「ここは相当熱かった!」と仲良く盛り上がり、橋本は2人のアクションに「ここかっこいいよね! 本当にすごい」と賛辞を送った。

 続いて本編は、信と漂が死別するシーンに。吉沢が「普通に見てて泣いた」とも語るように、信と漂が共に育った納屋で別れを迎えるという感動的なシーンとなっているが、吉沢が「普通に納屋の中にネズミいたよね(笑)」と、撮影時の衝撃の事実を明かし、山崎も「いたね! 仕込みじゃないやつね(笑)」と笑いながら当時を振り返った。

 常に蓑を被って生活をしている河了貂役を演じた橋本は、衣装合わせを何度もしたそうで「一番最初に着たのは、めちゃくちゃ大きくて、小屋かと思いました(笑)」というエピソードを披露。佐藤監督も「僕もあれは心配になりました(笑)」と笑い、特徴的な衣装の制作秘話についても語られた。

 最後に、山崎が「本当に自分にとって特別な作品になりましたし、この『キングダム』がある時代に生まれて良かったと心から思います。たくさんの縁があって『キングダム』をやれたと思っているので、こんなにも熱くなれる作品に出会えたことが幸せなことです。見てくれた人たちと一緒に楽しんで、熱くなって、『キングダム』と一緒に生きていけたらなと思います」と力強くコメントし、ビジュアルコメンタリーの収録を締めくくった。

 映画『キングダム』のブルーレイ&DVDは、11月6日(水)リリース。10月6日(水)よりデジタル先行配信開始。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング