『地獄少女』玉城ティナ扮する閻魔あい&使い魔“三藁”のキャラビジュ解禁

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年8月22日 11時0分

映画『地獄少女』玉城ティナ演じる閻魔あいビジュアル(C)地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会

 女優の玉城ティナが主演を務める映画『地獄少女』より、主人公・閻魔あい(玉城)や彼女に付き従う“三藁”たちを写し出す、まがまがしいキャラクタービジュアルが解禁となった。いずれもアニメ版との比較ができるようになっている。 本作は、“怨んだ相手の名前を入力すると地獄送りにできる”という禁断のサイトをめぐる恐怖を描く。テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミックをはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、遊技機など幅広く展開され、人気を博してきた同名作品を実写映画化。

 メガホンをとったのは『貞子vs伽椰子』『不能犯』の白石晃士監督。キャストは、「地獄通信」サイトを通して依頼を受けたターゲットを地獄に送る地獄少女・閻魔あいを玉城、地獄通信にアクセスして地獄少女と契約する女子高生の市川美保を森七菜、美保の親友・南條遥を仁村紗和、アイドルの御厨早苗をSKE48の大場美奈が、それぞれ演じている。

 解禁されたキャラクタービジュアルで、玉城演じる閻魔あいは着物姿とセーラー服姿を披露。漆黒を基調とした着物の裾には極彩色の草花があしらわれ、帯には孔雀の羽が描かれており、まさに地獄少女そのものの美しくもまがまがしい姿だ。制服姿では、あいの手に赤い糸の巻かれたわら人形が握られている。この糸を解くと地獄送りの契約が成立する。

 もう1点のビジュアルは、橋本マナミ演じる骨女、楽駆演じる一目連、麿赤兒演じる輪入道の“三藁”たち。口が裂けて片目がない骨女は、恐ろしくも切なく妖艶ないでたち。また、刀の化身とされる一目連は、ノーブルかつ涼やかな姿で、鋭くも甘やかな視線を放つ。そして和服姿の老人にして車輪の妖怪でもある輪入道は、怪異な容貌で迫力と存在感を漂わせている。輪入道を演じる麿は、本編では舞踏的で躍動感あふれる立ち振る舞いを見せる。

 映画『地獄少女』は11月15日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング