ヘイリー・ビーバー、純白のウエディングドレス姿を披露! ジャスティンとキスも

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年10月12日 8時0分

結婚式のポートレートを公開したジャスティン&ヘイリー・ビーバー(C)AFLO

 現地時間9月30日に、家族や友人に囲まれて結婚式を挙げたジャスティン&ヘイリー・ビーバー。それから1週間後、それぞれのインスタグラムで結婚式のポートレートを公開し、ヘイリーの華麗なウエディングドレス姿がお披露目になった。 先にレセプションでの写真を公開していたジャスティンとヘイリー。今回の結婚式のためにヘイリーが選んだのは、ルイ・ヴィトンのメンズ部門のアーティスティックディレクターを務めるヴァージル・アブロー自身のブランド、オフホワイトのウエディングドレスだ。オフショルダーで背中が開いたレースのドレスは、まさに繊細でゴージャス。ヘイリーのスレンダーなボディを優雅に包み込んでいる。

 さらに注目すべきは、長くて存在感抜群のトレーン。裾には「TILL DEATH DO US PART(死が二人を分かつまで)」の文字が刺しゅうされている。ヘイリーはドレスを披露するように階段に立った写真に、理想のドレスを現実のものにしたアブローとオフホワイトのチームへの感謝を添えた。また、屋外の庭でタキシード姿のジャスティンとキスしている写真には「先週の月曜日は私の人生で最も特別な日」と綴り、ジャスティンと結婚した喜びを再びかみしめている。

 ジャスティンは白いカーテンをバックに、ヘイリーとキスしている写真を2枚投稿。花嫁を意味する英語の「bride(ブライド)」の代わりに、照れ隠しなのか「bwide(ビワイド)」と言葉の音遊びをして、「My bwide。チンピラでも大きな声で言うと、かわいくなる」とコメント。もう1枚のキス写真に「チンピラさえも結婚する」と添えている。

 幸せいっぱいのジャスティンとヘイリー。再び愛を誓い合った2人に、ファンからたくさんの祝福の言葉が届いた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング