邦画史上最大級のスケール感とリアリティ!『Fukushima50』予告編解禁

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年12月24日 6時0分

映画『Fukushima 50』本ポスタービジュアル(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

 俳優・佐藤浩市の主演で福島原発事故を描く映画『Fukushima 50』の本予告が解禁された。すべての登場人物が生死をかけた状況に追い込まれ、感情むき出しでぶつかり合う様子が克明に描かれている。 本作は、ジャーナリストの門田隆将によるノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)を原作にした人間ドラマ。2011年3月11日、東日本大震災により引き起こされた巨大津波に襲われ、想像を超える事故にさいなまれた東京電力福島第一原子力発電所を舞台に、事態収束のために奔走した約50名の作業員の戦いを描く。原子炉から最も近い中央制御室を指揮する1・2号機当直長・伊崎利夫役を佐藤が、福島第一原発所長の吉田昌郎役を渡辺謙がそれぞれ務める。メガホンを取るのは映画『沈まぬ太陽』の若松節朗。

 本予告は、東日本大震災が発生し、福島第一原発が“SBO(全電源喪失)”に見舞われる場面から始まる。原子炉建屋内に突入し、人の手で作業するしかないという状況の中、1・2号機当直長・伊崎(佐藤)は、自分と共に危険な作業に行ってくれるメンバーを募るという苦渋の決断を迫られる。福島第一原発所長・吉田(渡辺)は「そんなことも決められねぇのか本店は! 現場の人間、体張ってんだよ!」と現場の作業員を代弁して本店と戦う。そして伊崎は「最後に何とかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!」と覚悟を決める。

 避難所でニュースを見つめ、祈り待ち続ける彼らの家族や、福島を想う地元メディアなどとともに、自衛隊、さらには“トモダチ作戦”を実施する米軍も登場。あの日福島では想像もしなかったドラマが繰り広げられていたことがうかがえる迫力の映像となっている。

 さらに、本ポスタービジュアルがオンライン上でも解禁となった。<奇跡は起きると、信じたからこそ>という言葉と、未来を守るために全力を尽くす人々の姿を写し出し、この未曾有の大災害に立ち向かう信念を感じさせる仕上がりとなった。

 映画『Fukushima 50』は2020年3月6日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング