【キッチンクロスの使い方アイデア集】食器を拭くだけじゃもったいない!

イエモネ / 2020年9月18日 7時30分

iemone.jp

シンプルなものから、まるで絵画のように美しいものまで、種類豊富なキッチンクロス(ふきん)。もともとの用途は“食器拭き”なのですが、それだけではもったいな~い! 以前ご紹介したペーパーナプキン同様、汎用性の高いアイテムです。今回は欧米のキッチンに欠かせない大きなキッチンクロスを利用した、毎日が楽しくなる活用法をお伝えします。


>>>暮らしにペーパーナプキンを取り入れてみよう、おうちで使えるアイデア集




ランチョンマットやキッチン小物代わりに

shutterstock.com

テーブルクロスやランチョンマットを変えて、食卓のちょっとした模様替えを楽しむ人も多いのではないでしょうか? キッチンクロスも、ランチョンマットと同じように使うことができます。



shutterstock.com

また、キッチンクロスを小物代わりに使えば、(ブログやSNSへの投稿などで)フードや食卓を撮影するときの雰囲気づくりにも役立ちますよ。アイロンをかけてピシッと洗練された印象に、あるいはくしゃっと丸めてラフにスタイリングしても。



こまごましたものをさっと隠す

キッチンにリビングにと、さまざまな場所で使えるキッチンクロス
(C)sweetsholic 

雑然とした小物類をなんとかしたい···。そんなときには、キッチンクロス! 散らかっているものを収納ボックスなど一カ所にまとめて、キッチンクロスをかければ、部屋も気分もすっきりします。またオシャレなものを選べば、インテリアのアクセントにも。



我が家では、野菜やフルーツをストックするトレイや、子どものおもちゃの収納ボックスなどにかけて使っています。



壁にかけてインテリアに

お気に入りのものはインテリアの一部にも 
(C)sweetsholic

色合いやデザインに惹かれて購入したものだとしたら、絵画のように飾るという手もあります。そのままポスターのように、あるいは額に入れてもいいですね。



以前、南仏のマルシェ(市場)で見つけたキッチンクロスを、当サイト・イエモネでガーデニングコラムに協力してもらっている植木おじさんへのお土産用に購入。後日お宅に遊びに伺ったところ、リビングの壁に飾ってくれていました。観葉植物が飾られたナチュラルなインテリアと、ワイン農園をモチーフにしたデザインのクロスがマッチしていて、とても素敵でした。写真に収めていなくて、残念!



キッチンクロスはどこで買える?

カウニステのキッチンクロス一例
(C)Visit Finland / Kauniste

以前イエモネでご紹介したカウニステ、フィンレイソン、 ラプアン カンクリなどフィンランドのインテリア雑貨専門店、同じくフィンランドのマリメッコ、プチプラのものならスウェーデン家具のイケア、イギリスのテーブルウェアを扱うウェッジウッドやローラ·アシュレイなど。このほか、楽天など通販サイトでも取り扱いがあります。



>>>【フィンランド発インテリア雑貨】国内で買える、暮らしに寄り添うブランド4つ



>>>すぐにできちゃう、イケアのキッチンクロスを使った簡単リメイク3選



キッチンクロス
[楽天]



キッチンクロス本場のヨーロッパでは、町の雑貨店、あるいはスーパーやマルシェ(市場)にもかわいいものを見かけることが多いですよ。旅行など機会があればぜひ、覗いてみてくださいね。



アイデア次第でさまざまな使い方ができるキッチンクロス。お気に入りの1枚が見つかったら、その使い方に頭を悩ませるのも、きっと楽しく充実した時間になると思いますよ。



[Photos by Shutterstock.com] 



>>>イケアで買ってよかったおすすめ商品ランキング【レストラン紹介や裏技、編集部おすすめ16選も!】



>>>【ランキング】みんなが愛用するエコバッグはどこのバッグ?100人に聞いたおすすめエコバッグはこれ!






この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング