迫力満点!12,000発の花火があがる「神宮外苑花火大会」をホテルで独り占め

IGNITE / 2018年8月8日 18時0分

写真

夏といえば花火だが、場所取り、人混み、おまけに今年は猛暑で見る前に疲れてしまいそう…。

そこでオススメなのがホテルニューオータニの『神宮外苑花火大会 鑑賞宿泊プラン』。「神宮外苑花火大会」の開催日である2018年8月11日(土)に、部屋から花火を鑑賞できる宿泊プランだ。

■都内最大級12,000発の花火があなただけのもの!
毎年100万人近くの人出で賑わう「神宮外苑花火大会」では、大小さまざまな種類のスターマインをはじめ、迫力満点の計12,000発の花火が夜空を明るく照らす。

部屋からは会場となる神宮球場まで高い建物に遮られることなく、花火の全景が楽しめるので、暑い外で汗だくになりながら花火鑑賞する必要なし!

■宿泊プラン
宿泊する部屋は、天上から足もとまで一面ガラス張りの窓「フルハイトウィンドウ」が開放的な「ザ・メイン」、40階建ての高層ホテル「ガーデンタワー」の色々な部屋タイプから選ぶことが出来るので、家族や気の置けない友人同士、恋人との特別なデートなど、さまざまなシーンで使い分けられる。

花火を部屋の正面から鑑賞できる「フロントビュープラン」のほか、正面ではなく斜め側に花火が見える分、リーズナブルな「ポイントビュープラン」と「サイドビュープラン」も用意。

そしてインターネット限定予約でさらにお得に泊まれる「事前決済プラン」も。

■花火の前は美食で腹ごしらえはいかが?
ひとたび花火大会が始まれば、夜空を照らす美しい光景にゆっくり浸りたいもの。花火が上がる前に、ホテルの美食でお腹を満たすのもオススメ。

■余韻が醒めない大満足のホテルステイ
花火大会が終わっても、まだまだホテルで過ごす楽しみは続く。『神宮外苑花火大会 鑑賞宿泊プラン』は4ヵ所のレストランから選べる朝食付なので、ゆっくりと朝の時間を満喫しながら花火の余韻に浸れる。

なかでも “健康”と“発酵”にこだわったメニューを提供する『SATSUKI』は、ピエール・エルメ・パリのパン3種のほか、うえのはらハーブガーデンサラダ、ヨーグルトバーや玄米卵を使用したオムレツなど、約180種類の和洋食をビュッフェスタイルで楽しむことができる大人気レストランだ。

涼しく快適な客室のソファや椅子に腰かけながら、目の前に広がる迫力満点の花火が楽しめる、この夏一夜限りのプレミアムな宿泊プラン。

今年は大切な人を誘って、スマートに花火を鑑賞しよう!

宿泊日:2018年8月11日(土) ※荒天時は翌日に順延
料金:
・フロントビュープラン 1室 68,000円~
・ポイントビュープラン 1室 70,000円~
・サイドビュープラン 1室 60,000円~
・インターネット限定事前決済プラン 1室 65,000円
※料金には、1室2名利用時の室料、朝食、税金・サービス料含む
※スイートの宿泊も可能

URL:https://www.newotani.co.jp/tokyo/stay/plan/fireworks/

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング