「農業体験×温泉宿泊」。山里の暮らしを気軽に楽しみ、そのまま泊まろう

IGNITE / 2018年10月18日 18時0分

写真

アットホームな農業体験と温泉付きリゾートの宿泊がセットに!

「リゾートインヤマイチ」が、この冬リニューアルオープン。リニューアルを機に、家製信州味噌、野沢菜などの加工品を新ブランド「ヤマイチFARM」として立ち上げ、収穫や仕込みなどの農業体験と宿泊をセットにした新プランもスタート。

■ゲレンデまで徒歩1分、自家栽培野菜を使った創作フレンチと天然温泉

1949年創業の老舗ホテル「リゾートインヤマイチ」は白馬バレー・栂池高原のゲレンデまで徒歩1分という好立地で、冬はスキー客、夏は登山客で賑わう。

ゲレンデまでのアクセスの良さに加え、農家でもあるオーナー家族が育てた野菜やお米を使ったフレンチベースの創作コース料理、山里料理の和朝食バイキング、白馬姫川温泉の天然温泉も人気。

■農業ビギナーの現代人に“ちょうどいい”、気軽で楽しい農業体験プログラム

2017年には共用部を改装し、ロゴやホームページ等も一新、2018年には客間の一部を改装。2018年12月にリニューアルオープンする。

自家菜園で栽培した採れたて野菜を朝夕食に使用するのはもちろん、人気を集めていた自家製の野沢菜や信州味噌、ジャムやきゃらぶき、香辛味漬けなどはパッケージを一新・統一し、「ヤマイチFARM」ブランドとして提供。

宿泊と合わせた体験事業として、オーナー家族と一緒に実際に田植えや旬野菜の収穫などに参加できる。

田植えや旬野菜の収穫、野沢菜漬けの仕込みなどを体験するプログラムも企画されている。

■自家栽培の野菜を使ったフレンチの創作コース料理も

農業体験のあとは、自家栽培の野菜を使ったフレンチの創作コース料理を味わい、そのまま宿泊するという、山里の暮らしを贅沢に味わう特別なプランだ。

大人数を募集して広範囲で行う大規模な収穫体験や、民泊に泊まって数日間みっちりと農業に注ぎ込む本格的な農業体験とは異なり、ひとつの家族が大切に営む低農薬農園や畑で、オーナー家族の指揮のもとで楽しく行うアットホームなワークショップ形式。

気軽に農業に触れ、参加し、その後はホテルでおもてなしを受けるという、農業ビギナーの現代人に“ちょうどいい”、気軽で楽しい農業体験プログラム。

■2018年冬、第一弾の「農業体験×宿泊プラン」は野沢菜漬け体験

11から12月は野沢菜収穫&野沢菜漬けを体験。

野沢菜を収穫し、野沢菜漬けに挑戦。自身で漬けた野沢菜は後日郵送で届けてもらる。

体験料:3000円(宿泊費別途)

特典:野沢菜のお土産(漬けたものを後日郵送)

開催日:2018年11月~12月上旬(完全予約制)

季節により、雪中キャベツ収穫体験や田植え・稲刈り体験のプランも。日頃味わうことのできない農業を体験してみては。

住所:長野県北安曇郡小谷村千国乙506-1

リゾートインヤマイチ:http://resort-inn-yamaichi.com

(MOCA.O)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング